P1270790_201706231607446d9.jpg

・・・前回からの続きです。

***********************************************
【関連記事】
創業120周年の特別企画「八木橋と熊谷の歴史展」(その1)--- 熊谷市 八木橋百貨店 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1240.html
***********************************************

熊谷市の老舗デパート「八木橋百貨店」で開催中の「「八木橋と熊谷の歴史展」。
創業120年の八木橋の歴史と一緒に、有名なコレクターである「菊池勇」さんの貴重なコレクションの展示もありました。
今回は、「面子(メンコ)と駄玩具」というテーマでの展示でした。

P1270880.jpg
懐かしのヒーローと言えば、「月光仮面」。
テレビ番組の「ヒーロー」の元祖ですね。
私の世代だとアニメ版ですが、後年、この実写版も見て凄く面白かったのを覚えています。

P1270883.jpg
「パチンコ」や「とばし」。
飛ばし系の駄玩具の数々。
「パチンコ」は、仲間と打ち合いやって痛い思いをしたなぁ。(苦笑)

P1270885.jpg
若き日の俳優、アイドル、歌手の皆さん。
誰が誰だか、分かりますか?。(笑)

P1270886.jpg
もの凄い数の面子です!。

P1270888.jpg
行け!ジャイアントロボ!。
「マ゛ッ!」(笑)

P1270902.jpg
「忍者部隊月光」と「キャプテンスカーレット」

P1270903.jpg
「忍者部隊月光」と「サンダーバード」

P1270891.jpg
おおっ!火薬だ!。
子供の遊びに、火薬は欠かせませんでした。(苦笑)

P1270892.jpg
このプラケースに入っているタイプ。
私も持っていたような記憶があります。

P1270896.jpg
それにしても、この火薬鉄砲の数々。
凄い!。

P1270899.jpg
この巻タイプの火薬のヤツ、よく遊んだなぁ。
ちょっとズレると、全然音がしなくなるのよ。(笑)

P1270915.jpg
お、日光写真じゃないですか。
こんなに綺麗な状態で保管されているとは、驚き!。

P1270930.jpg
お面のコレクションも凄い。
これは、かなり昔のお面ですね。
モチーフは、その当時に流行っていたキャラクター達というのは、今と同じですね。(笑)

P1270922.jpg
数少ない女の子向けの駄玩具ですね。
当時の販売価格は5円でしたか・・・。

P1270927.jpg
これは、くじを引いて当てるタイプですね。
薄らと記憶にあるかな?。
値段が高めだったような・・・?。

P1270931.jpg
そうそう、くじはコレでしたね。
それにしても、描かれているキャラクター達の「パチもの臭」が素敵です。(笑)

P1270933.jpg
これは「くじ紙」ですね。
めくると、数字が書いてあるのでしたっけ。
これも、描かれているキャラクターの「味付け」が良い感じです。(笑)

P1270937.jpg
一番奥のスペースでは、「熊谷シネ・ビデオサークル」の会員の方々の作品が上映されていました。
どの作品も、今では見る事ができない昔の熊谷の様子が映し出されます。

P1270938.jpg
7作品が、エンドレスで上映されるので、ついつい見入ってしまいます。

P1270943.jpg
私が生まれる前の「うちわ祭り」の様子。
町並みは変われど、祇園囃子の音は変わりませんね。

P1270948.jpg
熊谷駅に上越新幹線が開通した時の映像もありました。
それこそ「お祭り騒ぎ」という賑わいだったみたい。(笑)

P1270958.jpg
「さようなら妻沼線」。
この作品は、ぜひ観て頂きたいっ!。

P1270965.jpg
妻沼線を走る「特急カメ号」の姿が!。

P1270972.jpg
正式名称「東武熊谷線」。
熊谷と妻沼の間の10.1kmの距離を、カメ号がノンビリと走っていたのです。

P1270966.jpg
のどかな駅の風景も。

P1270969.jpg
駅は、「熊谷」「上熊谷」「大幡」「妻沼」の4つでした。

P1270973.jpg
妻沼線の単独の駅だった「大幡」と「妻沼」は、もうありません。
その、駅が無くなってしまった直後の風景も、この作品に収められています。

P1270979.jpg
廃線後、当時の妻沼町の公民館(現、熊谷市立妻沼展示館) に展示される「カメ号」の姿も。
そうそう、最初は露天での展示だったのですよ。
今は、屋根も付いて大切に保存されていますね。

***********************************************
【関連記事】
ああ、懐かしの妻沼線 --- 熊谷市立妻沼展示館 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-736.html
***********************************************

P1270988.jpg
「八木橋と熊谷の歴史展」を見終わった後に、八木橋の8階にある書店「本の須原屋」で、「新編 熊谷の歴史」を購入。
(ナント、お値段300円!)
内容豊富で、私の知らない事も沢山掲載されています。
これからの「熊谷探索」にも大いに役立ちそう。(笑)

八木橋百貨店の「八木橋と熊谷の歴史展」は、6月26日(月)までの開催。
熊谷の懐かしい思い出がある方には、おススメの展示です。
なお、最終日は午後4時で終了なので、御注意下さいませ。

***********************************************
八木橋百貨店
住所:埼玉県熊谷市仲町74
営業時間:午前10時〜午後7時

「八木橋と熊谷の歴史展」
6月21日〜26日
8階カトレアホール(入場無料)
***********************************************


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P1270792.jpg

八木橋で、創業120周年の特別企画展が開催中。

熊谷で、お使い物を買う時は「八木橋」という方も多いでしょうか。
私は子供の頃に八木橋の近くに住んでいた事もあって、昔から馴染み深い所でもあります。
子供の頃、6階の玩具売り場、7階の食堂、8階のゲームセンター&屋上は、まさに「ゴールデンゾーン」でした。(笑)

色々な展示会も多く、特にアニメやコミックス系のマニアックな展示には定評があります。(笑)

***********************************************
【関連記事】
八木橋で、岩合光昭ミニ写真展「ねこのとけい」開催中
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-898.html

ご当地 アニメ・マンガフェスタ in 熊谷 --- 八木橋百貨店 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-699.html

宇宙戦艦ヤマト2199 原画展
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-173.html

今週末から夏祭り!、そして新ポスターが凄い!
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-163.html
***********************************************

そんな八木橋で、懐かしい思い出が蘇る展示会が始まりました。

P1270772.jpg
八木橋と熊谷の歴史展
八木橋創業120周年の特別企画です。

6月21日から、8階のカトレアホールで開催中。
併せて、有名なコレクター「菊池勇」さんの貴重で懐かしいモノの展示も。
入場は無料というのが、さすが八木橋!、太っ腹ですね。。

P1270794.jpg
会場入り口にも、こうした展示が。

P1270797.jpg
1988年に撮影された八木橋ですね。
撮られたのは、大規模な改装工事の直前のようですね。

P1270798.jpg
こちらは、大規模改装後の姿。
現在の姿でもありますね。
周りの風景は随分変わっているので、「ちょい懐」って感じかな。

P1270801.jpg
展示の内容は、「写真撮影OK!」、「撮影+SNS発信OK」との事です。(嬉!)

P1270802.jpg
では、拝見させて頂きましょう。

P1270804.jpg
八木橋家の家系図。
さすが、創業120年の家系ですね。

P1270806.jpg
かなり古い頃の八木橋ですね。
深谷稲荷町の「石丸病院」の看板が、妙に目立ってます。(笑)

P1270807.jpg
八木橋呉服店の看板の文字が、左に向かって書いてあります。
時代を感じさせてくれます。

P1270809.jpg
忘れてはいけない、悲しい熊谷の歴史。
私の親父も、この中を逃げ惑っていたんだなぁ・・・。
この焼け野原から、皆さんが力強く復興して今の熊谷があるのですね。

P1270810.jpg
これは、今の建物が出来る前のモノですね。
昔で言う所の「旧館」ですね。
今の位置に新しい建物が完成しても、しばらく営業していたのですよね。
お、隣の丸善デパート(現、カノーヤ)の屋上の観覧車も写っています!。

P1270812.jpg
そうそう、この「仲町通」のゲート看板がありましたね。
90周年というと、戦隊モノのロケがあった頃ですねぇ。

P1270814.jpg
私は、この姿の八木橋が一番馴染みがあるかな。

P1270817.jpg
これ、凄く貴重な一枚だと思います。
まだ中山道を挟んで、八木橋の相向かいに小さなお店が並んでいた頃ですね。

P1270819.jpg
で、これが今の姿。

P1270821.jpg
八木橋の「うちわ」シリーズですね。
一番左のマスコットキャラ、懐かしい〜!。

P1270853.jpg
「あついぞ!熊谷」の「あつべえ」のうちわです。
「国内最高気温、40.9度を記録!」で盛り上がった(?)時ですね。
最近かと思っていたら、もう10年前の事でした。(汗)

P1270822.jpg
そうそう、八木橋といえば、この紙袋でしたよね。(懐!)

P1270827.jpg
古い八木橋の姿を中心に、昔の熊谷の町並みが写っています。

P1270831.jpg
とても貴重な資料でもありますね。

P1270856.jpg
ここからは、熊谷に関する懐かしくも貴重なモノの展示です。
これは、熊谷駅に上越新幹線が通った時の記念入場券。
1982年でしたか。

P1270861.jpg
これまた古いプロレスのチラシ。
私の子供の頃は、プロレスといえば熊谷市民体育館でした。(笑)

P1270859.jpg
1988年の「88'さいたま博覧会」のマスコットキャラクター人形。
熊谷市に会場があって(後に熊谷スポーツ文化公園になった)、リニアモーターカーが走りましたね。
距離は短かったけど。(笑)

P1270869.jpg
おおっ、メヌマポマードだ!。
しかも、入れ物が陶器の頃のヤツではありませんか!。
これは、貴重なモノですよ。

***********************************************
【関連記事】
妻沼の井田記念館、一般公開 --- 熊谷市 井田記念館 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1229.html
***********************************************

P1270871.jpg
熊谷の銘菓「五家宝」。
今は多くの「五家宝」のお店がありますが、本家が「水戸屋」でしたね。
17号線沿いに店があって、ドライブインも営んでいました。
(その後、宮脇書店になって、今はコンビニになっています。)
「うちわ祭り」で、歩行者天国になるのは「水戸屋の所まで」というのが合い言葉だったなぁ。(笑)

・・・長くなったので、次回に続きます。

***********************************************
八木橋百貨店
住所:埼玉県熊谷市仲町74
営業時間:午前10時〜午後7時

「八木橋と熊谷の歴史展」
6月21日〜26日
8階カトレアホール(入場無料)
***********************************************


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P1170615.jpg

味噌ラーメン専門店ならではの夏メニュー!

今年も、夏に向けて色々な飲食店が「夏メニュー」を出してきていますね。
特に「冷たい麺」は、私の好物なので、嬉しい季節でもあるのです。(笑)

P1170583.jpg
熊谷市の籠原の拾六間にあるフェスティバルガーデンある味噌ラーメン専門店「田所商店」。
ココでも、冷たい麺メニューの提供が始まっていました。

P1170586.jpg
「おすすめ」として、入り口に看板も出ていました。

P1170606.jpg
もちろんメニューにも載っています。
今回は、コレにしてみようかしらん。

P1170601.jpg
一緒に行った嫁は、暖かい味噌ラーメンが食べたいそうで。

P1170617.jpg
ゴマ味噌冷やし麺」。
和風の器が似合っていますね。
冷たい麺という事で、この器がキンキンに冷えていました。
こんな細かい気遣いが、食べる前から「これは美味い!」と思わせてくれるのです。

P1170622.jpg
具は、モヤシ、ゆで卵、チャーシュー、キュウリ、トマト(ザク切り)、海苔。
ザク切りのトマトが乗っているのが珍しいかな。

P1170660.jpg
麺は中太麺。
キュっと冷たく締まっていて、モチモチの歯応え。
まさに「冷たい麺」の麺としてピッタリという感じですね。

P1170655.jpg
味は、ゴマ味噌。
味噌ラーメン専門店ならではの、深いコクのある味わい。
味噌は、冷たい麺用にブレンドされているのかしらん?。
ゴマの相性も、絶妙にいい感じで美味しいです。
あまりの美味しさに、ペロリと感触してしまいました。(笑)

P1170635.jpg
これは、嫁がチョイスした「信州味噌野菜ラーメン」。

P1170603.jpg
トッピングの「炙りチャーシュー」を、1枚追加。

P1170652.jpg
この大きさと厚さは圧巻ですな。(笑)

P1170651.jpg
「やや濃い口」の味噌を使ったスープに、タップリの具材。
「信州」という事で、山菜が乗っているのが特徴ですね。

P1170648.jpg
恒例の「ちょっと味見タイム」。(笑)
同じ味噌の味でも、これほどバリエーションが楽しめるのかと、驚きますね。

P1170609.jpg
そうそう、餃子も忘れず食べましたぜ。(笑)

「ゴマ味噌冷やし麺」は、冷たいだけでなく、コクのある味がとても美味しかったです。
これからの暑くなる季節、こうした冷たい麺メニューが美味しくなりますね。

*******************************************************************
麺場 田所商店 籠原店
住所:埼玉県熊谷市拾六間763-1
営業時間:(平日)11:00~15:00、17:30~21:30(ラストオーダー21:30)
     (土日祝)11:00〜21:30
定休日:無し
*******************************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P6166538.jpg

今年のアジサイは、ちょっと遅れ気味・・・

梅雨時季の花「アジサイ」。
熊谷市のアジサイの名所と言えば、妻沼の「能護寺」。

P6166500.jpg
「あじさい寺」として、とても人気が高いですね。

P5183654_2017061316122271c.jpg
6月10日〜11日に開催された「無料シャトルバスで行く 小さないい旅」でも、観光ポイントになっていました。

P6166503.jpg
入山料を納めて中に入ると、おお、咲いてる、咲いてる。

P6166506.jpg
アジサイの花、季節感ありますよね。

P6166512.jpg
まずは、お馴染みの撮影スポットである「鐘楼」の所で。
あれ?、開花してる花が少なめです。
実は「今年は、アジサイが遅れてるよ」と聞いていたので、心配していたのですよね。

P6166526.jpg
花も、小さめ・・・かな!?。

P6166521.jpg
ガクアジサイは、良い感じでしょうか。
お話を聞いてみると、やはり開花が遅れているようです。

P6166584.jpg
別の角度から。
こちら側のアジサイは、良い咲き具合。

P6166597.jpg
鐘楼を門の隣のアジサイ越しに。
午前中は、逆光で撮るのが大変です。(汗)

P6166539.jpg
では、境内を撮り歩き。

P6166578.jpg

P6166606.jpg

P6166647.jpg

P6166612.jpg

P6166624.jpg

P6166614.jpg

P6166550.jpg
本堂の脇から。

P6166555.jpg
ココからの眺めも好きです。

P6166556.jpg
本堂の周りには、鉢物のアジサイが並んでいます。

P6166572.jpg
本堂の回廊には、上がる事ができます。(土足厳禁)
上からの眺めも、趣ありますよ。

P6166565.jpg
本堂の中には、毎年恒例の「吊るし雛」。

P6166569.jpg
これも見所のひとつですね。

P6166630.jpg

P6166618.jpg

P6166635.jpg

P6166640.jpg

P6166654.jpg

P6166499.jpg
ここから覗くのも、好きだったりします。(笑)

P6166494.jpg
今年は、満開の見頃が後ろにズレているようです。
という事は、まだまだアジサイを楽しめるという事でもありそうですね。

見に行かれるのであれば、できるだけ早い時間がおススメです。
人も少ないので、ゆっくりと見て回れると思います。

カメラを携えて来られる方も多いですね。
三脚の使用は10時までとなっています。
能護寺へ来るカメラマンの皆さんは、マナーが良い方が多いので嬉しくなりますね。

******************************************************
能護寺(あじさい寺)
住所:埼玉県熊谷市永井太田1141
見学時間:午前8:00~午後5:00
入山料:大人300円、18歳未満無料

【注意】
撮影時の三脚使用は、午前10時まで。
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P1170530.jpg

雑誌の付録にシエラカップが付くとは、良い時代になった。

アウトドア雑誌「BE-PAL」(小学館)。
私も、アウトドア系の情報が好きなので、よく読んでいます。(店頭で・・・(汗)。)
もちろん、欲しい記事があった時には、迷わず購入。

近年、雑誌の付録の「豪華化」が話題になっていましたが、この「BE-PAL」もしかり。
「トラベル・メッシュポーチ」、「フィールド・スマホレンズ」、「トラベラーズ・ウォレット」、「シリコンスチーマー」、「LEDライト」・・・。
購買意欲をかき立てられるアイテムのオンパレードです。(笑)

P1170467.jpg
そして、今月10日に発売された7月号の付録は、なんと「ミニ・シエラカップ」が!。

P1170479.jpg
これほど本格的なモノが付録とは、驚きでした。

P1170488.jpg
それもそのハズ、「BE-PAL」の創刊36周年記念の特別付録との事。

P1170521.jpg
「シエラカップ」とは・・・
金属製のカップで、アウトドアなどで炊事具や食器として使われるモノ。
使い勝手が良いので、愛用者も多いアイテムです。

元々は、アメリカの自然保護団体である「シエラクラブ」で制作された「シエラカップ」。
その人気の高さに、様々なメーカーが同様のモノを製品化して販売される用になりました。

P1170540.jpg
今回の「BE-PAL」の付録は、ミニサイズ版「シエラカップ」です。
直径が10センチ、容量は140mlとの事。
内側には、目盛りも付いているのですよ。

私が使っているモノと比べてみると、大きさの違いが分かりますね。

P1170493.jpg
誌面の最初には、「ミニ・シエラカップ」を使用する料理のレシピが掲載されていました。
どれも、なかなか美味しそうです。
でも、量的には「ちょっと食べ」位かな。(笑)

P1170671.jpg
という事で、私も「ミニ・シエラカップ」を使って、何か作ってみようかと。
まあ、お試しという事で、ミニサイズのチキンラーメンですが。(笑)

P1170679.jpg
これがまた、測ったようにジャストサイズ。(笑)

P1170681.jpg
お湯の量は、ちょっと多めがイイかも。

P1170710.jpg
出来上がりは、こんな感じ。

P1170706.jpg
でも、ミニサイズのチキンラーメンだけでは寂しいので・・・久々に、コッフェルで飯を炊いてみました。
おかずは、定番の「サバの味噌煮」の缶詰を。
「一汁一菜」の正しい「キャンパー飯」のスタイルですね。
しかも、豪華に食後のインスタントコーヒー付き。

単車で野宿しながら放浪していた頃は、毎日こんな感じだったなぁ。(懐)

「BE-PAL」の付録の「ミニ・シエラカップ」。
かなり使えるアイテムですね。
このレベルのモノが付録だなんて、良い時代になりましたね。
キャンプシーン以外でも、便利に使えると思います。

まだ店頭に並んでいると思いますので、気になった方は是非、手に取ってみてはいかがでしょうか。

******************************************************
BE-PAL
【公式サイト】
https://www.bepal.net/
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P1270724.jpg

お得な餃子キャンペーン実施中!。

日曜日、世間は休日とあって、何処も混んでいます。
昼飯を食べようと思っても、外食系の店も混んでいる所が多くて。
昼時の時間をズラせば大丈夫・・・・という事も少なくて。(汗)

P1270728.jpg
そんな時は、微妙に昼時を過ぎた時間に「山田うどん」へ。
平日は働く人達で凄い混雑ですが、日曜はそれほどでも無かったりします。
(さすがに、正午頃は混みますけどね。)

P1270686.jpg
日曜の山田うどんと言えば、やはり「土日祝、限定メニュー」ですね。
コレを食べねばモッタイナイ!。

P1270688.jpg
おおっ、餃子キャンペーンが期間延長になっているぞ!。
これも、注文せねば!。

P1270690.jpg
という事で、「スタミナパンチ丼」と「冷たぬきうどん」のセット。
なかなかのボリュームですぜ。(笑)

P1270692.jpg
「スタミナパンチ丼」は、山田うどん名物の「パンチ」(もつ煮込み)が白飯に乗っているのですよ。

P1270698.jpg
これに、別添えになっている生卵を落として・・・

P1270701.jpg
完成!。
見よ、これが山田うどんの「スタミナパンチ丼」!。

P1270716.jpg
この味、食べれば納得の美味さナリ。

P1270678.jpg
箸休めに、サービスの漬物をポリポリと。
(これがまた美味し。)

P1270694.jpg
セットに付ける麺類は、「うどん or そば」で、夫々「温 or 冷」が選べます。
今回は、「冷たぬきうどん」をチョイス。

P1270715.jpg
学校給食を思い出させてくれるフニャっとした感じが、安定の山田クオリティ。
唐辛子を多めに掛けて食べるのが好きです。(笑)

P1270707.jpg
そして、餃子。
大きめのモノが6個で一人前です。
キャンペーン中という事で、これが180円で頂けるとは嬉しいですわ。

P1270711.jpg
平日の昼時のピーク時に餃子をオーダーするのは、ある意味、御法度です。(笑)
店舗にもよりますが、焼き場が小さいので、出てくるまで時間が掛かるのですよね。
レギュラーメニューが食べ終わっても、なかなか餃子が出てこない事も多々あったり。(苦笑)

それも、日曜の昼下がりタイムなら安心です。
今回も、比較的早い時間で出てきました。
「スタミナパンチ丼」と一緒に食べられるなんて最高ですぜ。(笑)

今回の餃子キャンペーンは、6月30日まで開催中。
空いている時間帯を狙って、是非!。
土日祝の限定メニューを併せて食べると、幸せになれると思います。(笑)

***********************************************
山田うどん 深谷店
住所:埼玉県深谷市上柴町東2丁目17−1
営業時間:6:00~21:00
定休日:無休
***********************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P6176851.jpg

緑の王国で、ホタルが舞う光景が見られました。

この季節、あちこちから「ホタル」の便りが聞こえてきますね。
深谷や熊谷でも、ホタルがみられるスポットがあり、そこで「祭」や「鑑賞会」が開催されます。
でも、だいだい同じ時期なので、日程が被る事も多々だったり・・・。(苦笑)

P6176848.jpg
そんなホタルが見られるスポットのひとつである「ふかや緑の王国」へ。
6月16日と17日の夜に「ホタル鑑賞会」が開催されたのでした。

P6176797.jpg
行ったのは、17日の20時過ぎ。
見に来ている人が結構多かったのですよね。
という事で、ある程度の人数ごとに区切って見に行くようになっていました。

P1150252_201706181839515df.jpg
ホタルが見られるのは、「ホタルの小川」。
昼間に見ると、こんな感じの所です。

画像右側の木道の上(普段は立ち入り禁止になっています)を歩きつつ、ホタルを愛でます。
そんな感じなので、ホタルが光る様子の撮影はできません。
(ホタルの撮影は、三脚を使用しての長時間露光が必要です。)
なので、自分の目で見て、しっかりと心に写し込んできました。

この川沿いにホタルが沢山光っていました。
少し気温が低めだったので、飛んでいるホタルは多くはありませんでしたが、それでもフワフワと飛ぶ姿が見られましたよ。

木道の途中に説明して下さる方がいて、手にホタルを乗せてくれました。
間近で見る淡く光るホタルの光は、とても綺麗でした。

P6176836.jpg
ホタルの小川からテントの下へ戻ってきました。
幾つものホタルについての説明パネルがあって、それを見ながら説明を聞く事ができます。

P6176813.jpg
パネルの前には、ホタルの幼虫の展示がありました。

P6176823.jpg
ホタルは、成虫よりも幼虫の方が見る機会が少ないかもしれませんね。

P6176829.jpg
エサとなるカワニナ(巻貝)と一緒の展示。

P6176822.jpg
ホタルの幼虫の獰猛な一面も見る事ができました。

P6176840.jpg
こうして実際に観察するのも、貴重な勉強の機会ですね。

ふかや緑の王国のホタルは、ボランティアの方々が丹精込めて育てたホタルです。
ホタルの小川の近くには、ホタルの飼育箱があるのですよね。
こうした努力があってこそ、毎年美しいホタルを見る事できるのです。

また来年、緑の王国にホタルが舞う姿が見られる事でしょうね。

*********************************************
ふかや緑の王国
住所:深谷市櫛引24
開園時間:9:00〜18:00
休所日:年末年始

【公式サイト】
http://www.city.fukaya.saitama.jp/greenkingdom/
*********************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


IMG_3594.jpg

本商品に、猫は付属しません。(笑)

俗に「ガチャガチャ」と呼ばれる「カプセルベンダー」。
今や、様々なアイテムが発売されていて、なかなかの人気ですね。
私の世代の子供時代からあるモノですが、その頃と比べてクオリティがアップしています。
その分、値段も大幅アップですけどね。(苦笑)

IMG_3597.jpg

先日、某ショッピングモールで、こんなのを発見。
かわいい、かわいい、ねこフルーツちゃん」という、「猫用かぶりもの」のガチャです。

これは、「コップのフチ子さん」シリーズでお馴染みの「キタンクラブ」から発売されているモノ。
シリーズ化されていて、今回の「かわいい かわいい ねこフルーツちゃん」で、早くも第8弾です。
なかなかの可愛さで、販売直後から大人気のアイテムなんですよね。

IMG_1137.jpg

実は以前、第一弾の「かわいい かわいい ねこ泥棒」は手に入れていたのです。
この時、ウチのネコは「かぶりもの」初体験。
ちょっと嫌がって、かぶせても、スグに自分で脱いでしまっていました。(汗)

その後、「ねこひつじちゃん」、「ねこうさぎちゃん」、「かぶりものなっしー!!!」等がリリースされましたが、手に入れいる機会を逃していたのですよね。

で、今回、最新の「かわいい かわいい ねこフルーツちゃん」を見つけたので、ついつい「ガチャ」っと回してしまったのでした。(笑)

P6166776.jpg

「かわいい、かわいい、ねこフルーツちゃん」は、文字通り「フルーツ」がモチーフ。
「りんご」、「スイカ」、「バナナ」、「いちご」、「メロン」、「みかん」、の全6種です。

目を引くのは、「バナナ」でしょうか。(笑)
巷でも、一番人気のようですね。

P6166769.jpg

手に入れたのは「スイカ」でした。
コレからの季節、ちょうど良いって感じですね。(笑)

IMG_3604_ex_s.jpg
で、早速かぶせてみました。
かぶせた直後は、「嫌がる」というよりは「困惑する」という感じでした。(汗)

P6166743.jpg
でも、少ししたら、こんな表情に。
意外と気に入ってくれたのかな?。

黒猫にスイカ、意外と似合いますねぇ。(笑)

猫好きな皆さん、見つけたら「ガチャ」してみてはいかがでしょう。
なかなか可愛いですよ。

******************************************************
「かわいい かわいい ねこフルーツちゃん」
発売元:株式会社キタンクラブ
販売:全国のカプセルベンダー
価格:1個 300円
※)2017年6月15日から販売開始中

【公式サイト】
http://kitan.jp/products/nekofruits
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村

01_P1170270.jpg

スマートフォン用カメラレンズ、色々と試し撮り。

少し前の事になりますが、友人から、とある「スマートフォン用カメラレンズ」を薦められました。
レビューを見せてもらい、私も「コレは、なかなか良さそうだ」と思ったのです。

01_P1170282_n.jpg
という事で、手に入れてみました。

BC Master スマホカメラレンズキット

ワイドレンズ、マクロレンズ、カメラ取付用クリップがセットになったモノです。
他にレンズキャップと、これらを納める収納ケースも付いていました。

本体は、アルミ製でしっかりした造りです。
手に持つと、結構ズッシリ感がありますね。

価格は、2000円ほど。
この価格ですから、おそらく中国製だと思われます。

01_P1170288_n.jpg
「0.45倍、画角110°の超ワイドレンズ」と「倍率15倍のマクロレンズ」。
ワイドレンズとして使用する時は、この2枚を重ねて使用します。
接続は、夫々にネジが設けられているので、これをねじ込んで固定します。
ネジの精度は意外と良くて、スムーズにねじ込めますね。

01_P1170285_n.jpg
マクロレンズとして使用する時は、このレンズ1枚のみ使用します。

01_P1170295_n.jpg
私が使用している「iPhone SE」に装着してみました。
取付けは、専用のクリップで挟むだけ。
スマートフォンとの接触部分には、軟質ゴムが貼ってあるので、意外としっかり取付けられます。

それにしても、このミスマッチな存在感が凄いです。(苦笑)
それもそのハズ、このレンズのフィルター径は58mm。
一眼レフカメラやミラーレス一眼の中級クラスのレンズと同等の大きさです。
スマートフォンカメラ用レンズとしては、大きすぎる程のサイズですね。(笑)

IMGP9537_20170615214441087.jpg
これは、以前に使っていたスマートフォンカメラ用レンズです。
普通のスマートフォンカメラ用レンズといえば、大きくても、この位のサイズですよね。
コレを比べると、いかに大きいかが分かります。(笑)

という事で、コレを持ち歩いて、色々と試し撮りをしてきました。

02_IMG_3057.jpg
これは、「iPhone SE」の標準状態で撮った一枚。
35mm判換算だと29mmですので、一般的には広角レンズの部類になりますね。

02_IMG_3055.jpg
今回のスマートフォンカメラ用レンズを装着すると、こんな感じ。
広く写って、手前が大きく&奥が小さく、遠近感が誇張されているのが分かるでしょうか。
35mm判換算で29mmの0.45倍ですので、13mmの超広角となります。
超広角レンズって、一眼レフカメラやミラーレス一眼では、使いこなしが難しいのですよね。

02_IMG_3078.jpg
撮り比べを、もうひとつ。
これは、ワイドレンズ無し。

02_IMG_3082.jpg
これは、ワイドレンズ有り。
随分違いますね。

02_IMG_3029.jpg
風景を広く撮りたい時は、便利に使えますね。

02_IMG_3043.jpg
近づいて撮ると、ワイドレンズらしい感じが良く出てくれます。

03_IMG_3122.jpg
お馴染みの、深谷のパティオ。
ワイドレンズ無しだと、全景を入れるのは、なかなか大変ですが・・・

03_IMG_3124.jpg
ワイドレンズを装着すると、楽々と全景を収める事ができます。
(こうした建物を写すと、少々歪みが目立ちますね。)

04_IMG_3306.jpg
妻沼の聖天様。
仁王門を潜った所から一枚。

04_IMG_3385.jpg
仁王門の下でワイドレンズを使うと、こんな感じに撮れます。

04_IMG_3390.jpg
スマートフォンならではのトリッキーな撮り方で、一枚。
分かる人は分かると思いますが、これを一眼レフカメラで撮るのは結構大変です。(笑)

04_IMG_3315.jpg
「一歩前へ出て近づく」というのが、ワイドレンズの使い方のひとつ。
これだけのモノが、スマートフォンで撮れるようになるとは。(驚)

04_IMG_3350.jpg
聖天様の「平和の塔」の橋の上で。

04_IMG_3363.jpg
「平和の塔」の前にて。
スマートフォンで、これだけ撮れれば満足感ありますね。

05_IMG_3143.jpg
マクロレンズの試写。
十円玉は、この位の大きさに写せます。
レンズが大きいので、己の影が入らないように撮るのが難しいですね。

05_IMG_3162.jpg
周辺は、いわゆる「流れる」という感じで、場合によってはイヤな感じで目立ちます。

05_IMG_3262.jpg
上手く使いこなすのは、ちょっと難しいかもしれません。

05_IMG_3168.jpg
かなり、被写体を選ぶレンズなのかも。

06_IMG_3413.jpg
このスマートフォン用カメラレンズは、広々とした空を撮るのが一番向いていそうですね。

実は、先にアップしたエントリーの「別府沼公園」の画像は、スマートフォン用カメラレンズを使用した「iPhone SE」で撮影したモノだったりします。

******************************************************
【関連記事】
別府沼公園の花菖蒲 --- 熊谷市 別府沼公園 --
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1228.html
******************************************************

スマートフォンで、広がりのある被写体を撮るには便利でしたね。

ともあれ、スマートフォン用カメラレンズとしては、写り具合は良好という評価になると思います。
ベースのスマートフォンのカメラレンズに対して、ワイドレンズの口径が大きいので、歪みの影響が少ないのでしょう。
仕様によれば、ワイドレンズは「16層コーティング」との事ですので、これも効いているのでしょうね。

良好な写り具合で、スマートフォンでの表現の幅も広がりそうです。

しかし、難点は大きさと重さですね。
特に重さに関しては、本体のスマートフォンより重いですから。(笑)

でも、これからはスマートフォンの撮影がスタンダードになってくる(いや、もうなっている)ので、こうしたアイテムは重要視されてくる事でしょう。
そういう意味でも、勉強の一環として、色々な意味で使いこなせる様にしておきたいですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P1270600.jpg

市役所の地下に、こんなグルメがあったとは!

P1270625.jpg
諸々の手続き等があり、深谷市役所へ行ってきました。
この庁舎も築49年(埼玉県内でも5番目に古いそうです)となり、耐震性の問題等もあって、建て替えの計画が進行中なんですよね。
新しい庁舎は平成32年度(その頃には元号が変わってるな・・・)の完成を目指しているそうです。
そうなると、この庁舎も、あと数年で見納めになるのですね・・・。

IMG_3535.jpg
幾つかの面倒くさい手続きを終えると、11時過ぎになっていました。
腹も減ってきた事だし、

「久しぶりに、市役所の食堂で食べていくか。」

という事にしてみました。(笑)

IMG_3545.jpg
階段を降りて、地下へ。

IMG_3538.jpg
階段の途中に、メニューがあります。

IMG_3541.jpg
ハンバーグやコロッケの定食、生姜焼き定食も捨て難い。
いや、中華丼やオムライスもイイなぁ・・・と考えていると、

IMG_3540.jpg
別貼りで、こんなメニューが。
「深谷市まち起こし御当地グルメ」ですって。
「ねぎたま丼」というネーミングが、いかにも「深谷」という感じですな。(笑)
「かきあげ」と「すきやき」の2種類があるみたい。

ねぎの里 深谷が誇る 納得の味

とあれば、食べてみるしかありますまい。(笑)
しかも、東北震災復興の義援金にも協力できるとあれば、もう決まりです。

IMG_3542.jpg
さらに階段を降りて行き・・・

P1270615.jpg
食堂に到着。
扉には、深谷市の花である「チューリップ」が。
さすがです。(笑)

P1270581.jpg
12時前なので、ガラガラ状態。
12時になれば、アッという間に席が埋まるのでしょうね。

P1270588.jpg
カウンターで注文。
もちろん「ねぎたま丼」です。
「今日は、すきやき の方しかできないの」と、食堂のお姉さん。
「はい、そちらでお願いします」と、私。
どちらも美味しそうだから、無問題ですわ。(笑)

P1270583.jpg
とりあえず、出来上がるまで、お茶を頂いていましょう。

P1270593.jpg
という事で、「ねぎたま丼 すきやき」です。
メインの丼と、

P1270601.jpg
小サイズのサラダ、

P1270603.jpg
小鉢の冷や奴、

P1270604.jpg
そして、野菜タップリ(具が沈んじゃってますが)の味噌汁という構成。
なかなかのボリューム感ですね。

P1270595.jpg
では、メインの「ねぎたま丼 すきやき」を。
白飯の上は、すきやきの具が卵とじになっているという感じですね。

P1270608.jpg
もちろん、ねぎもタップリ入っています。

P1270610.jpg
あ、美味い!。
私としては、ちょっと控えめな味付けに感じましたが、最後まで飽きずに食べるには、この位がイイかも。

P1270613.jpg
さりげなく添えてある紅ショウガも、途中の箸休めに丁度良いですね。

いやはや、なかなかの美味しさでした。
以前は無かったよなぁ・・・と思ったら、今年の3月から販売開始だったようです。
全然知りませんでしたわ。>私

市役所の食堂以外でも、提供しているお店があるのでしょうか?。
深谷のイベント等では、見た事無いのですよね。

せっかくの「深谷市まち起こし御当地グルメ」ですもの。
もっと大々的に、PRしてみてはいかがでしょうか。>関係者の皆様

******************************************************
深谷市役所地下食堂「市庁舎厨房みずむら」
住所:埼玉県深谷市仲町11番1号(深谷市役所内)
営業時間:11:00〜14:00
定休日:土曜・日曜・祝日
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村