P1170530.jpg

雑誌の付録にシエラカップが付くとは、良い時代になった。

アウトドア雑誌「BE-PAL」(小学館)。
私も、アウトドア系の情報が好きなので、よく読んでいます。(店頭で・・・(汗)。)
もちろん、欲しい記事があった時には、迷わず購入。

近年、雑誌の付録の「豪華化」が話題になっていましたが、この「BE-PAL」もしかり。
「トラベル・メッシュポーチ」、「フィールド・スマホレンズ」、「トラベラーズ・ウォレット」、「シリコンスチーマー」、「LEDライト」・・・。
購買意欲をかき立てられるアイテムのオンパレードです。(笑)

P1170467.jpg
そして、今月10日に発売された7月号の付録は、なんと「ミニ・シエラカップ」が!。

P1170479.jpg
これほど本格的なモノが付録とは、驚きでした。

P1170488.jpg
それもそのハズ、「BE-PAL」の創刊36周年記念の特別付録との事。

P1170521.jpg
「シエラカップ」とは・・・
金属製のカップで、アウトドアなどで炊事具や食器として使われるモノ。
使い勝手が良いので、愛用者も多いアイテムです。

元々は、アメリカの自然保護団体である「シエラクラブ」で制作された「シエラカップ」。
その人気の高さに、様々なメーカーが同様のモノを製品化して販売される用になりました。

P1170540.jpg
今回の「BE-PAL」の付録は、ミニサイズ版「シエラカップ」です。
直径が10センチ、容量は140mlとの事。
内側には、目盛りも付いているのですよ。

私が使っているモノと比べてみると、大きさの違いが分かりますね。

P1170493.jpg
誌面の最初には、「ミニ・シエラカップ」を使用する料理のレシピが掲載されていました。
どれも、なかなか美味しそうです。
でも、量的には「ちょっと食べ」位かな。(笑)

P1170671.jpg
という事で、私も「ミニ・シエラカップ」を使って、何か作ってみようかと。
まあ、お試しという事で、ミニサイズのチキンラーメンですが。(笑)

P1170679.jpg
これがまた、測ったようにジャストサイズ。(笑)

P1170681.jpg
お湯の量は、ちょっと多めがイイかも。

P1170710.jpg
出来上がりは、こんな感じ。

P1170706.jpg
でも、ミニサイズのチキンラーメンだけでは寂しいので・・・久々に、コッフェルで飯を炊いてみました。
おかずは、定番の「サバの味噌煮」の缶詰を。
「一汁一菜」の正しい「キャンパー飯」のスタイルですね。
しかも、豪華に食後のインスタントコーヒー付き。

単車で野宿しながら放浪していた頃は、毎日こんな感じだったなぁ。(懐)

「BE-PAL」の付録の「ミニ・シエラカップ」。
かなり使えるアイテムですね。
このレベルのモノが付録だなんて、良い時代になりましたね。
キャンプシーン以外でも、便利に使えると思います。

まだ店頭に並んでいると思いますので、気になった方は是非、手に取ってみてはいかがでしょうか。

******************************************************
BE-PAL
【公式サイト】
https://www.bepal.net/
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


P5183741.jpg

プラモデルを愛するモデラーの「聖地」。

5月に深谷で開催された「第7回 華の宿場まつり」。
そこに出店されていた「だんごの三好」さんで、組立て済みの「ガンプラ」(ガンダムのプラモデル)を購入しました。

******************************************************
【関連記事】
今回も楽しく大盛況! --- 深谷市 第7回 華の宿場まつり ---(その2)
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1203.html
******************************************************

いろいろ話をしていて、ついつい手にしてしまったのです。(笑)

P1150990.jpg

知っている人は知っている「機動戦士Ζガンダム」に登場した「百式」というモビルスーツ。
「クワトロ・バジーナ」こと「シャア・アズナブル」の搭乗機体という事で人気があります。

これは、そのままキットを組上げた「素組み」(又はパチ組み)と呼ばれる状態。
最近のガンプラはスナップフィット方式で、接着剤無しで組立てられるようになっています。
おまけに、プラスチックの成形色が多色になっていて、塗装無しでも見栄えのあるモノになりますね。

それでも、ちょっと手を入れれば、さらに見栄えが良くなるのです。
気合いを入れて、部品の合わせ目を丁寧にヤスリがけして、全て塗装するのもアリですが、なかなか時間もとれませんし・・・。

P1160004_n.jpg

それに「百式」は、本来の設定だと「金色」なんです。
このプラモは、成形色がラメ入りの黄色なので、金メッキ風に仕上げたい所。
下地にクロームシルバーを塗って、その上にクリアイエロー(私は、ちょっとクリアオレンジを足す)を吹き付けたい所ですが、これって凄く手間と時間が掛かるのです。
(その昔、旧キットを組んだ時は、なんだかんだで1ヶ月位かかったなぁ・・・)

それでも、「スミ入れ」と「部分塗装」位はしてあげたいな、と。(笑)

塗料や道具は揃っているのですが、しばらく使っていなかったので、状態悪し。
特に塗料関係はカチカチになっているモノもあるし・・・。

という事で、必要最低限のモノを買い求めてきました。

P5183739.jpg
熊谷市の妻沼にあるホビーショップ「クラブ堂」。
今や、数少なくなった個人経営の模型店です。
おそらく、熊谷市ではココだけになってしまったのではと・・・。
遥か昔から営業されていて、私も良く通ったホビーショップです。

P5183747.jpg
店頭の大型ディスプレイには、大量(というか無数!)のガンプラの完成品が並んでいます。

P5183743.jpg
これは、ココのお客さん達が組上げたモノで、皆が持ち寄って飾ってもらっているのです。

P5183772.jpg
店内にも、完成品が大量に飾られています。
ガンプラが多いですが、他の様々なジャンルのプラモデルもあるのですよね。
ココは「宇宙戦艦ヤマト2199」の艦船モデルが並んでいました。

P5183766.jpg
こちらは、人気のシリーズ「ベアッガイ」&「プチッガイ」。
ちなみに、これもガンプラの一種です。(笑)

P5183776.jpg
気合いの入ったモデルも展示されています。
これは、「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」に登場した「ガンダムエクシア リペア」ですね。
絶妙なウェザリング(汚し塗装)で表現されたバトルダメージが凄いですわ。

P5183753.jpg
もちろん、キットも販売されています。
さすが、老舗のホビーショップ。
品揃えはハンパ無いっす。(嬉!)

P5183756.jpg
旧キットだって、バッチリです。(凄!)

P5183757.jpg
ガンプラ以外にも、エアクラフト(飛行機)や、

P5183759.jpg
カーモデル(車)のキットが、所狭しと並んでいるのです。
もう、見てるだけで嬉しくなってきますわ。(笑)

P5183764.jpg
博物館級の貴重なキットも。
これはもう、ずっとココに並んでいてほしい。
ココに並んでいるのが、一番似合ってる感じがしますもの。(笑)

P5183751.jpg
もちろん、塗料の品揃えもバッチリ。
これは、田宮のエナメルカラー。

P5183752.jpg
定番のクレオス(旧グンゼ)のMr.カラー。

P5183762.jpg
さすが!、ガイアノーツのエナメルカラーも揃ってますぜ!。

P5183750.jpg
部材も、様々なモノが揃ってます。
昔から、欲しいモノ&必要なモノが、クラブ堂なら「手に入る」という安心感がありますね。

P1170032.jpg
という事で、買ってきました。

成形修正用に、田宮のフィニッシングペーパー(目の細かい紙ヤスリ)を。
コレ、私が中学生位の時に販売開始されて、今だ現役の製品です。

お手軽に、「スミ入れ」と「部分塗装」という事で、塗料系は「ガンダムマーカー」。(笑)
簡単に言えば「油性ペン」みたいなモノなので、ちょっと塗るには便利なのです。

そして、仕上げ用に、クレオスのトップコート。
「半光沢」と「つや消し」の2種類です。

お値段的には、普通の組立キットが買える位になっちゃいますね。
でも、プラモデルは、これが普通なのです。(汗)

さて、空き時間に、休憩がてらチマチマとやってみましょうか。

あ、そういえば、正月に「だんごの三好」さんで買ったキットも手つかずのママだ・・・。

******************************************************
【関連記事】
お年玉でナニ買うの?、ガンプラでしょ! ---だんごの美好---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1073.html
******************************************************

これも、組んであげねば・・・。(汗)


******************************************************
クラブ堂
住所:埼玉県熊谷市妻沼1477−8
営業時間:9時~19時半
定休日:月曜
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村

P1100895.jpg

おそうじロボットが、雑誌の付録になる時代になったか!

雑誌の付録、ワクワクしますよね。
近年、女性誌の付録は凄いですし、男性誌にもビジネスバッグや多機能ウォレットなどが付録についてくるようになりました。
子供の頃、小学館の小学○年生や、学研の科学や学習の付録に、毎月ワクワクしていたのも思い出します。

そんな付録の世界ですが、ついに「お掃除ロボット」が付録についたと話題になりました。

P1100909.jpg
その「お掃除ロボット」の付録がつく雑誌は、小学館の「ちゃお」2017年4月号。
女子小学生向けの漫画雑誌です。
実は、ウチの子が愛読しておりまして。
さすがに、ヲヤジが買うには、恥ずかしいというか、怪しまれるというか・・・。(汗)

P1100890.jpg
これが、噂の付録。
こんなパッケージに入ってきます。

P1100891.jpg
裏には、新聞っぽい感じで、諸々の説明が。
ちなみに、この付録の問合せ先は「株式会社大丸松坂屋百貨店 法人外商事業部」となっています。
この辺りも、色々な意味で興味深いですな。(笑)

P1100918.jpg
パッケージから中味を取り出しました。
セミアッセンブリー状態ですね。

P1100964.jpg
取扱説明書が付属しています。
組立て方法の記載もありますね。

P1100923.jpg
本誌にも、組立て方が載っています。
内容は、ほぼ同様ですね。

P1100931.jpg
パーツを取り出しました。
欠品はありませんね。

P1100934.jpg
シャーシです。
「お掃除ロボット」とはいえ、電子制御の類はありません。(苦笑)
樹脂製パーツの組合せで、メカニカル的に動作するモノです。

P1100940.jpg
組立は、それほど難しくありません。
基本的に、モーター(たぶんFA-130)をシャーシに差し込み、反対側からモーター軸に吸入ファンを差し込むだけ。
配線のを規程の場所に沿わせる必要がありますが、ココを気を付けないと断線させる可能性があるかな?。

モーターの動力で吸入ファンを回転させ、吸入ファンと同一成形されたピニオンギヤで走行駆動部に動力を伝達する仕組みですね。
水色のパーツに外力を受けたり、上下動があったりすると、微妙にギヤの噛み合いがズレる仕掛けでしょうか。
ウォームギヤや簡易的なクラッチも使っていて、なかなか凝った構造ですね。

P1100944.jpg
上部カバーを取付けました。
大きさは、直径10センチ。
手のひらにのるサイズです。

P1100959.jpg
露出したモーターを覆うように、キャラクター人形(プリプリちぃちゃん)を差し込んで、完成。
駆動用に単4電池2本が必要なので、別途準備する必要があります。
(幸い、手持ちがあったのでラッキーでした。)

早速、動作テストをしてみましょう。



なかなか元気に走り回ってくれます。
机の端まで行くと、両端のパーツが「接触式センサー」となって動作し、上手く方向転換します。



上部カバーを外した状態で走らせてみると、そのギミックが良く分か・・・らないか。(苦笑)

P1100983.jpg
肝心のゴミの吸い込みも、小さくて軽いゴミであれば、それなりに吸い込んでいます。
ファンの大きさと回転数から、吸引できるのは消しゴムのカス位が限界かもしれませんね。

こんな感じの「お掃除ロボット」でした。
女子小学生向けの雑誌の付録ですから、玩具の域の代物かな。
それでもウチの子は、「あー、動く動く!」とか「ゴミが吸い込まれてる!」とか、結構楽しいようです。

それでも、少ないパーツ構成で、凝った仕掛けを搭載しているのには驚きです。
駆動系が樹脂製のパーツなので耐久性は望めませんが、大人も色々と楽しめるアイテムかと思います。

それにしても、コスト的に厳しかっただろうなぁ。(汗)
お疲れさまでした。>関係した方々。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
P1090161.jpg

手のひらサイズの精巧なミニチュアモデル!

海洋堂」。
フィギュアやミニチュアモデルなどを、企画、製造、販売するメーカーです。
その名を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

「ガチャガチャ」と呼ばれるベンダーで販売される「カプセルトイ」。
これでもマニアックなアイテムをリリースして、絶大な人気を誇ります。
博物館などのお土産コーナーにも、これらが置かれている事も多く、その精巧さはお墨付きです。

1999年頃、フルタの「チョコエッグ」の中に入っていた動物のミニチュアモデル「日本の動物コレクション」がありましたが、それも「海洋堂」のモノでした。
2002年に、フルタと海洋堂の間に一悶着あって(いや、もっと色々あったか・・・)、関係が解消してしまったのです。

ファンの間では、「日本の動物コレクション」が、どうなってしまうのだろう、と心配したモノです。
結局、後年になって海洋堂が「カプセルトイ」として復活させてくれて、ホッとしたのでした。

P1260115.jpg

熊谷にある「マミーマート 籠原店」。
この辺りのスーパーマーケットの中では、鮮魚がピカイチ。
美味い鮮魚を買い求める時は、ココへ来る事が多いのですよね。

家族で買い物に行った時、嫁が買い物している間に子供とガチャガチャコーナーへ行ったら・・・

IMG_2008_20170127010823a6b.jpg

ナント、海洋堂の「日本の動物コレクション」のガチャがあるではありませんか!。
しかも、第3弾の「東京/巨大都市と離島」。
今では、なかなか入手困難のシリーズなのですよ。

それが、目の前にあるとは。
しかも「お買い得品!今だけ100円」ですって!。
(普通は300円なんですよね。)
もしかして、デッドストック品だったのかしらん?。
ともあれ、普通の1回分の金額を投資しました。
(つまり、3回ガチャった訳です・・・(笑)。)

P1080809.jpg

という事で、「カプセルQミュージアム 日本の動物コレクション 第3弾」です。
ちなみに、カプセルにも「海洋堂」の刻印があるのですよ。

P1080835.jpg

最初のひとつを開封。
ホンドタヌキ」でした。
ミニチュアモデルは、パーツごとにバラバラになっています。
これを自分で組立てて完成させます。
小さいパーツもありますが、組立は簡単です。
(ちなみに、動物コレクションの原型製作は全て「松村しのぶ」さんです。)

P1090197.jpg

ホンドタヌキ
コロコロっとした感じが可愛いです。
そうそう、深谷や熊谷にも野生のタヌキがいるのですよね。

P1090190.jpg

カラスヘビ
シマヘビが体色変異で黒くなった個体を「カラスヘビ」と呼ぶとか。
普通のシマヘビは見た事ありますが、黒いのは見た事ないですね。
伊豆大島では、ほとんどのシマヘビが「カラスヘビ」になっているそうです。

P1090191.jpg

テナガカニムシ(雄)
こんな姿の「ムシ」が動いていたら、ちょっと恐いかも。(苦笑)
でも、実際の大きさは5mmほどのようです。(ホッ)
この「「テナガカニムシ」は、小笠原諸島の兄島だけで見られる希少種だとか。
そう思うと、愛おしくも感じられたりして。(笑)

久々に海洋堂のミニチュアモデルを目の前にしましたが、相変わらずのクオリティですね。
実は、チョコエッグ時代のモデルも沢山持っているので、その隣にでも並べてみようかと思っています。

そうそう、このシリーズのシークレットは「ツチノコ」だそうで。
これは「もっとガチャを回さねば!」と思って、マミーマートへ行ったのですが・・・既に無くなっていました。
ああ、残念っ。(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
P1070378.jpg

遠い海外からの放送を聞き、広い世界に思いを馳せたアノ頃・・・。

前回に引き続き、「懐かしモノ」のネタでございます。(汗)

******************************************************
【関連記事】
タイムマシンにお願い ---あの頃の懐かしいアイテム達---(その1)
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1086.html
******************************************************

P1118854_n.jpg
模型関連からは、コレを。
マブチの水中モーターS1です。
同年代の男子諸君であれば、誰もが一度は使った事があるのではと。(笑)

マブチモーターから発売されていましたが、1997年に製造中止になってしまったのでした。
その後、模型メーカーのタミヤから復刻されました。
(ナント、マブチから金型を譲り受けたそうです!。)

それでも、私にとって水中モーターは、マブチのS1なんですよね。
小学校の頃、夏休みの工作で木製の船を作った事があって、それにマブチの水中モーターを付けました。
先生に頼み込んで、学校のプールで走らせたのは良い想い出になっています。
その節は、お世話&御迷惑をおかけしました(汗)。> S先生

画像のコレは、当時のモノの未使用品だったりします。
何かに使おうと思って買ったけれど、そのままお蔵入りになっていたのでした。(笑)

P1080966.jpg
二つ折りできる小さなナイフ。
「ボンナイフ」や「ミッキーナイフ」がありましたね。

関東は「ボンナイフ」が、関西では「ミッキーナイフ」が多かったと聞いた事があります。
確かに、私が子供の頃に使っていたのは、「ボンナイフ」でした。

これで、鉛筆をカリカリ削ったり、紙を切ったりしていたなぁ。(懐!)

P1080988.jpg
折りたたみ式の刃は、カミソリ刃のようなモノが付いています。
これが二枚の薄い金属の間に挟み込まれている構造。
指で摘んで引き抜く事もできるのです。
戻すのが大変ですけど。(汗)

P1080971.jpg
画像のコレは、「ミッキーナイフ」です。
「ミッキーナイフ」は、なんと今でも製造が続けられているロングセラー商品です。
「ボンナイフ」は、かなり昔に製造中止になったそうですね。

P1080999.jpg
この「ミッキーナイフ」は、残念ながら私が持っていたモノではありません。
実は、今年の正月に嫁実家へ行った時に、未使用品が「売る程ある」のを見つけまして・・・。
(年末の大掃除の時に、ビジネスの倉庫から出てきたデッドストック品との事でした。)
で、義父にお願いして、ひとつ貰ってきたのでした。(汗)

P1060910_n.jpg
さあ、BCLラジオの登場。
これは、ナショナルのプロシード2600です。
かなりの高級品(当時の定価で、47800円)だったので、自分の小遣いや貯金だけでは買えなかったのですよ。
色々と親の手伝いをして、不足分を出してもらったなぁ・・・。

あ、BCLって分かりますか?。
「Broad Casting Listening」の略で、直訳すると「放送を聞く」って事です。(笑)
一般的には、海外の短波放送を聞いたりする事ですね。
中波(AM)で、遠距離の国内放送を聞いたりする事も含まれます。
(埼玉北部でも、深夜になると東北や北海道の放送局の番組を聞く事ができました。)

1970年代後半から1980年代の初めにかけて、ブームになりましたね。

P1070359.jpg
当時は、関連書籍も色々と出版されていました。
(手元に残っているのは、コレ位になってしまった・・・。)
特に月刊誌の「短波」(TOP画像)は、毎月買っていたので、想い出がイッパイなのです。

P1090009.jpg
放送を聞いて、放送局に受信レポートを送る(これを通じて、エアメールの書き方や、送付の仕方を覚えましたね)と、お礼として「ベリカード」(QSLカード)を送って頂けるのです。
ベリカードは、御当地に関する絵柄(写真だったり、イラストだったり)が描かれていて、とても綺麗なのですよ。

これを収集するのを目的にしている人もいましたが、私はそれほどでもありませんでした。
それでも、海外の日本語放送を中心に色々と聞いて、時折、受信レポートを送っていたので、ベリカードも、それなりの数があったりして。
(実は、画像の倍以上の数があります・・・(汗)。)

イギリスのBBCやアメリカのVOAの英語放送も、分からないながらも聴いたりして、少しは英語の勉強にもなっていたかな、と。(笑)

他にも、シリアスな世界情勢(西と東の冷戦とか、中国と台湾の関係とか・・・)などの、普通であれば知る事のできない事が聴けて、妙にドキドキしたものです。(笑)

当時は、テレビや新聞を通じて聞こえてくる情報しかありませんから、比較的リアルタイムで入ってくる海外放送からの情報は貴重なニュースソースでもありました。

インターネットが当たり前の現代からすれば、とても信じられませんね。(苦笑)

P1250473_n.jpg
最後に・・・自分の手元にあるアイテムではありませんが、ゲームセンターのネタを。

セガの初代の「電脳戦機バーチャロン」。
(後付けの設定的に言えば、OMG(Operation Moongate)。)

深谷の某ゲームセンターで出会いました。
もう20年も前のゲーム機なんですよね。
まだ稼働していた筐体があるなんて、感動です。
続編が作られて、今でも人気のあるゲーム作品ですから、そんなに昔だとは思えませんけど。(汗)

ゲーム内容としては、戦闘用ロボット(デザインは、あのカトキハジメさん!)を操作して戦う対戦型ゲーム。
1人でも遊べるのですが、他の人と対戦できる機能があって、これがまた「燃える」のです。
見ず知らずの人から突然「乱入」されたりすると、「この俺に挑戦するとは!」なんて、熱くなったりしてね。(汗)

私、これがリリースされた時に、相当やり込んだのですよ。(汗)
自機は「テムジン」か「バイパーII」を使う事が多かったなぁ。

コレを見つけた時、あまりの懐かしさに1ゲームしちゃいました。
「フェイ・イェン」に2ー1で負けて、1コインクリアはできなかったけどね。
この歳になっても、体が覚えているのですねぇ。(笑)

こんな感じで「懐かしモノ」を掘り出してみたのでした。
探せば、まだまだ出てくるのですが、とりあえず今回はココまでという事で。(笑)

懐かしいアイテムを見ていると、懐かしい想い出が蘇ってきますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村