P1270241.jpg

ゴールデンウィーク中、深谷市のホフマン輪窯が特別公開中です!

いよいよゴールデンウィークに突入。
早くも前半が終了ですが、皆さん、何処かへ出かけられたでしょうか。

子供を何処かへ連れて行ってあげたいと思うのですが、なかなかできなくて・・・。
それでも、比較的短い時間でも楽しめる事を!と、近場ではありますが出かけてきました。

JR深谷駅から日本煉瓦製造跡地までを繫ぐ自転車道「あかね通り」で、親子サイクリングを楽しんできました。
距離は短いですが、ノンビリと親子でサイクリングするには良い所なのですよね。

******************************************************
【関連記事】
深谷の「あかね通り」をポタリング
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-645.html
******************************************************

P1270119.jpg
子供が一緒という事で、スタートは「あかね通り」に隣接する「ブリッジパーク」。
距離はグンと短くなってしまいますが、走り慣れていない子供には、ちょうど良いかな。

P1270129.jpg
「あかね通り」は、かつて日本煉瓦製造株式会社の上敷免工場の専用鉄道線が通っていました。
廃線になった後は、整備されて、自転車と歩行者の為の道となったのです。

P1270138.jpg
目的地の煉瓦工場跡地まで、1.5km。
距離的には短過ぎる程ですが、その間で、色々と沢山の物を見聞きして、新しい発見をしていきましょう。

P1270132.jpg
深谷市の指定文化財になっている「福川鉄橋」が残っています。

P1270144.jpg
ポーナル型プレート・ガーダー橋というタイプの鉄橋。
このタイプの鉄橋としては、なんと日本最古の物になります。
こうした貴重なモノを見学しながらのサイクリングも良いですね。

P1270149.jpg
途中で出現する車止め。
どう見ても「ハニワ」に見えて仕方ありません。(笑)
気を付けないと、足を引っ掛けてコケてしまうので要注意です。

P1270153.jpg
「止まれ」の標識の所では、ちゃんと一時停止して左右確認を!。

P1270155.jpg
爽やかな春の風を受けて、順調に自転車が走ります。

P1270161.jpg
道沿いのハナミズキも満開でしたね。

P1270179.jpg
水分補給は大切です。
ノドが乾いた・・・と感じる前に、コマメに水分を取るようにしたいですね。
ちなみに、「あかね通り」にはゴミ箱がありませんので、自分のゴミは持ち帰りましょう。

P1270256.jpg
「あかね通り」には、休憩できる場所も設けられています。
トイレやベンチもあるのですよね。
子供用の遊具もありますが・・・キミには、もう小さいのではないかと。(苦笑)

P1270257.jpg
道沿いに広がる麦畑には、青々とした麦の穂が。
もう、そんな季節なんですねぇ。

P1270183.jpg
国指定重要文化財の「備前渠鉄橋」に到着しました。

P1270197.jpg
「備前渠鉄橋」を、自転車で渡る事ができます。

P1270198.jpg
「ポーナル型プレートガーダー橋」というタイプです。
土台は、もちろん煉瓦積み。

P1270192.jpg
隣接する煉瓦造りのアーチ橋。
2メートルほどの長さですが、完全な煉瓦造りの橋なのです。
「備前渠鉄橋」と同様に、国指定重要文化財に指定されています。

P1270252.jpg
がんばれ、もう少し!。

P1270204.jpg
煉瓦塀が見えてきました。

P1270205.jpg
国指定重要文化財の「ホフマン輪窯六号窯」に到着。
5月7日まで、特別公開中なのです。

P1270237.jpg
中に入って、まずはパネルを見て、お勉強。
昔、煉瓦を焼いていた様子の写真の展示もあります。
ココで、施設に入る為のヘルメットに被り直しをして・・・

P1270212.jpg
ホフマン輪窯の中へ。

P1270222.jpg
入り口付近のみの見学ですが、こうして中を見られる機会は貴重ですね。

P1270225.jpg
「あれナニ?」と聞かれても大丈夫。
ガイドさんがいるので、色々と教えてもらえますよ。

P1270234.jpg
深谷市が行った「ホフマン輪窯保存修理のためのクラウドファンディング」。
無事に目標を達成しました。
これから長い時間をかけて、保存修理が行われていくのですね。

P1270246.jpg
ホフマン輪窯の隣にある煉瓦資料館の見学もオススメです。
当時の様子を伺い知る事ができる貴重な資料や品物が、沢山展示されています。
こちらも、お願いするとガイドさんが付いて詳しい説明を聞く事ができますよ。

P1270264_n.jpg
ゴールデンウィーク、こうした親子サイクリングでの、地元再発見のプチ旅も楽しいですね。

******************************************************
日本煉瓦製造施設 ホフマン輪窯六号窯
住所:埼玉県深谷市上敷免28-11
特別公開日:4月29日〜5月7日
公開時間:9:00〜16:00
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
P1260941.jpg

とうとう、破れてしまった・・・

暖かくなって、いよいよ「春」を感じるようになりましたね。
これからの季節、自転車で走るのが気持ち良い季節です。
(花粉症の人は辛いですが・・・。)

軟弱者の私、冬の寒い間は、なかなか自転車に乗ろうという気持ちになれません。(苦笑)
自転車で事足りる距離であれば、できるだけ自転車で行きたいのですが・・・。

それでも、近所の用事は自転車で。
買い物等で、持ち物が多い時はカゴ付きのシティサイクルを使用します。
ウチにはスポーツ自転車等を含めて、何台か(も?)自転車があります。
その中でも、走行距離が一番多いのがシティサイクルかもしれません。
所有年数も長いし、使い方も荒い(汗)ので、痛みも激しい傾向にあります。
定期的にメンテナンスはしているのですが、部品の劣化はいかんともしがたく・・・。

そして、とうとうサドルが破れてしまいました。
少し破けたら、アッという間に進行して大穴があいてしまったという・・・。
このシティサイクルを購入した時に付属していたサドルなので、もう寿命ですね。
かれこれ7〜8年、よく今まで頑張ってくれたな、という感じでしょう。

このシティサイクルは嫁も乗るので、「早くサドル変えてよ」と言われてしまいました。(汗)
とりあえず、幾つか手持ちのサドルがあるので・・・

P1260942.jpg

コレに交換してみました。
だって、スポーツ用のサドルしか持ってないもん・・・。(笑)

これは、ミニベロスポーツの「RALEIGH RSR」を前オーナーから譲り受けた時に、一緒に貰ったサドルで、「RALEIGH RSR」の購入時に付いていたサドルだそうです。

*******************************************************************
【関連記事】
粋と洒落が真骨頂 --- RALEIGH RSR インプレッション ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-360.html
*******************************************************************

前オーナーはスグに、「フィジーク ARIONE CX CARBON」に交換したので、このサドルは殆ど使っていないとの事でした。

*******************************************************************
【関連記事】
VERTU メッシュサドル装着
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-381.html
*******************************************************************

P1260937.jpg

改めて比較して見ると、随分違うモノですね。
今までのサドルは、まさに「コンフォート用」ですね。

P1260930.jpg

お尻を乗せる部分の面積も大きくて、しかもタップリとクッションが入っています。
フンワリしていて、いかにも「お尻に優しい」というのが分かります。(笑)

P1260952.jpg

それに比べて、スポーツ用のサドルの細くて硬い事。
ゴツゴツのカッチカチですわ。
見た目はカッコイイですけどね。(苦笑)

P1260966.jpg

という事で、近所を試走。
少し走っただけで、「あ、尻にクルな・・・」という印象。(苦笑)

前傾がキツいポジションのスポーツ車は、体重をサドルとハンドルに分散させられるので、サドルは足が回し易いような形状と硬さになっているのですよね。

シティサイクルは、サドルに「ドカッ」と体重をかけるポジジョンなので、モロにサドルの「優しさ」が求められるのです・・・。

使用用途が違うと、これほどの違いがあるのか、というのを実感します。
やはり、適材適所というのは大切なんですねぇ。(笑)

とはいえ、せっかく付けたのだから、もう少しコレで行こうかと。
でも、嫁はブーブー言いそうだなぁ。(大汗)

早めに、クッション性の良いサドルを選んで購入せねば・・・。(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
RIMG1394.jpg

親子で楽しいサイクリング!。

子供の冬休みも、いよいよ最終日。
明日から始まる3学期の準備で、色々と持って行くモノのチェック。
一番の心配である「宿題」は・・・ちゃんと終わっていました。(流石!)
それに比べて、提出物の中に保護者のコメントを書く所が沢山あったのを忘れていて、思わずアタフタする親っていったい・・・。(苦笑)

登校準備も完了したので、冬休み最後の思い出にと、午後から子供と利根川自転車道へ。
自動車に自転車を積み込んで、伊勢崎の「島村蚕のふるさと公園」まで移動。
そこから、群馬方面へ行く事にしたのでした。

RIMG1346.jpg

「島村蚕のふるさと公園」は、利根川自転車道に隣接していて、すぐに自転車で走り始められるのが良いですね。
 
学校では、自転車に乗る時の「きまり」があるらしく、子供はウチの周囲で乗っている程度。
そのような訳で、長い距離を走るのは初めてだったりするのです。

コースは、時間の関係もあったので、坂東大橋で折り返してくるピストンコースとしました。
距離にして10km位ですが、子供にとっては「大冒険」という感じでしょうか。(笑)

RIMG1349.jpg
天気は晴れ。
弱い北西の風があるものの、この時季にしては暖かくて、自転車で走るには良いコンディション。
遠くに、雪で白くなった浅間山を見ながらスタートしました。

RIMG1354.jpg
スタートから向い風。
慣れていない子供は、結構キツかったようです。(笑)

RIMG1355.jpg
子供が標識を見て、ひと言。

「この道、海まで行けるの?。」

反対方向へ、凄く頑張って走れば行けるよ。
父ちゃんは行った事ないけど。(汗)

RIMG1362.jpg
真っすぐに続く道。
路面状態も良く、不慣れな子供も安心して走れますね。
時折出会う歩行者や、対向から来る自転車などに対しては、十分なサポートが必要ですが。

RIMG1366.jpg
疲れた様子が見られたら、無理せず休憩モード。
最初から辛い思いをさせると可哀想ですしね。(苦笑)

RIMG1378.jpg
薄らと雪を被った赤城山をバックに。
スタートしてから、それほど走っていませんが、子供は「自転車旅〜!」と喜んでいました。(笑)

RIMG1383.jpg
折り返し地点の「坂東大橋」が見えてきました。
ガンバレ!、もう少しだ。

RIMG1387.jpg
コースの半分を走りきり、とりあえず大喜び。
まだ、帰り道があるんだけど・・・。(汗)

RIMG1402.jpg
帰路は、追い風。
今までと違っているのを体感しているようで「楽々〜!」と大喜びでした。
早くも、向い風の厳しさと、追い風の優しさを知ったようです。(笑)

RIMG1403_2017011010441129d.jpg
今までで一番長く走った事で、自転車の楽しさを実感できたようですね。
流れる景色の中を走るのは、楽しくて、気持ち良いもんね。

RIMG1407.jpg
無事に「島村蚕のふるさと公園」に戻ってきました。
こうして、無事に走り終える事が一番大切なんだよ。
これからも、安全第一でね!。

親子で一緒にサイクリングというのも、良いモノですねぇ。
子供も楽しかったらしく、また走りたいとの事です。
もちろん、父ちゃんも楽しかったし、また走りたいし。

冬休みの最終日、親子共々、良い思い出ができました。
また一緒に走ろうね!。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
RIMG1314.jpg

利根川自転車道は、冬特有の乾いた色彩が続いていた。

新年3日目、午後から自転車の「走り初め」をしてきました。
朝は、それ程でもなかったのですが、走り始める頃になったら、強い北西の風が吹き始めるというパターン・・・。(汗)

P1250382.jpg
まずは、熊谷の妻沼の「聖天様」へ。
毎年、自転車の走り初めの時は、聖天様へ行く事にしているのです。

P1250395.jpg
正月3日目ですが、参拝する人は多かったですね。

P1250401.jpg
境内の中は、参拝する人の列が長く伸びていました。

P1250423.jpg
おみくじも絵馬も、凄い数でしたね。(汗)

P1250418.jpg
私は、遠くから参拝させて頂きました・・・。

RIMG1324.jpg
聖天様を出た後、利根川自転車道へ。
深谷方面へ向かうのですが、これが見事に向かい風・・・。
風を避ける遮蔽物は全く無いので、モロに強風を受ける事になるのです。
ギヤを落とし、ひたすらペダルを回して、ノロノロと進むしかないのでした。(苦笑)

P1250439.jpg
深谷市街へ向かう為に、利根川自転車道を降りました。
せっかくの走り初め、もう少し距離を伸ばしたいと思い、途中のネギ畑の周回コースへ。
深谷ならではのサイクリングコース(?)は、時折、ネギの香りが漂ってくるのですよね。(笑)

RIMG1344_20170103234145c92.jpg
トイレ休憩を兼ねて、「デイリーヤマザキ深谷市新戒店」へ。
「デイリーヤマザキ」といえば・・・そう、御当地あんぱんです!。

******************************************************
【関連記事】
変わりゆく駅前の景色と新名物のアンパン ---デイリーヤマザキ 籠原駅前店---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1052.html
******************************************************

RIMG1341.jpg
ここは深谷ですので、当然「深谷あんぱん」になる訳ですね。(笑)

P1250459.jpg
あんぱんは、ちょうど良い補給食。
もちろん、1つ購入です。

P1250462.jpg
クリームがハミ出る程に、ギュッと入っております。(笑)

P1250468.jpg
割ってみると、クリームとアンコがお目見え。
くうぅ、この組合せの美味しさは、もうたまりません。
走った以上のカロリー摂取は、間違いありませんな。(汗)

こんな感じで、無事に走り終えた「走り初め」でした。
今年は、近場をコマメに走ってみようと思っています。
身近な所で、色々な再発見ができそうな、そんな気がするのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
PC118234.jpg

行田を舞台に、迫力の自転車レース!。

近年、ロードバイクと呼ばれるスポーツ自転車に乗る人が増えてきました。
私も、その1人。(最近、あまり乗っていませんが・・・(苦笑)。)

楽しみ方も様々。
サイクリングやポタリング(自転車散歩)の他に、様々なイベントに参加する楽しみ方もあります。

・50km〜100km以上の長距離を走るロングライド
・山の坂道を登るヒルクライム
・規定時間内にコースを何周できるかのエンデューロ
・街中に作られた短いコースを周回してスピードを競うクリテリウム

この中でも、自転車のスピードが速いのがクリテリウム。
スピード勝負ではありますが、走っているときの戦略や駆け引きがあって、とても見応えがあるのです。
埼玉では、「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が行われて、一般的にも、その存在が知られるようになってきたような気がします。

そうそう、今年は群馬県前橋市で「まえばしクリテリウム2016」が開催されましたね。

******************************************************
【関連記事】
まえばしクリテリウム2016(その1)
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-968.html


まえばしクリテリウム2016(その2)
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-969.html


まえばしクリテリウム2016(その3)
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-970.html
******************************************************

R0022665.jpg
そんなクリテリウムですが、毎年、埼玉県行田市で「浮城のまち行田クリテリウム」が開催されています。
先の日曜日、今年の第1戦が行われたので、観戦しに行ってきました。

R0022661.jpg
コースは、「古代蓮の里」の近くの一般公道を仕切って設けられた特設コース。
早朝から、「古代蓮の里」の駐車場に、多くの参加者の皆さんが集まっていました。
(古代蓮の里が、参加者の指定駐車場になっています。)

R0022658.jpg
受付は、「古代蓮の里」の休憩所スペース。
参加人数が多いので、受付も忙しそうでした。

PC118167.jpg
「古代蓮の里」には、話題の「わらアート」が展示中。
参加者の皆さんも、スライム達と記念撮影していました。

******************************************************
【関連記事】
今年は、わらアートもドラクエだ! --- 行田市 古代蓮の里 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1037.html

再び、巨大スライムに会いに--- 行田市 古代蓮の里 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1041.html
******************************************************

PC118324.jpg
天気は晴れ。
遠く、富士山も綺麗に望めました。
しかし、朝から北西の風が強く、それは次第に強くなってくるというコンディション。
選手達は、向かい風と追い風を交互に受けながらのレースになったのでした。

PC111499.jpg
レースは、各カテゴリーに分かれて行われます。
(エリート、上級、中級の他に、50才台・60才以上、ジュニア、中学生、女子、ビギナーなど)

PC111148.jpg
コースは、直線を90度カーブ(一カ所、ヘアピンカーブ)で繫いでいく構成の、全長2.7km。

PC111549.jpg
中でも、コントロールライン(スタート&ゴール地点)の前のロングストレートが大きな特徴でしょうか。


PC111558.jpg
観戦ポイントは、ロングストレートと、

PC118257.jpg
その出口の、

PC118269.jpg
ヘアピンカーブですね。

PC111523.jpg
他の農道部分や行田浄水場前は、安全上の観点からコース脇での観戦は禁止となっています。

PC118361.jpg
これらの走行シーンを撮るには、長い望遠レンズが必要ですね。

PC111207.jpg
女子選手の速さが凄かったです。

PC111462.jpg
力走する姿が、実に美しい。

PC111420.jpg
強く吹く風の影響は相当ある様子。
周回を重ねるごとに、選手の表情が厳しくなっていくのが分かります。

PC111940.jpg
どのポジションに付くか、それもまた駆け引きですね。

PC111626_20161213234528cc4.jpg
各周回ごとに、スプリントポイントが与えられます。

PC111689.jpg
コントロールラインの直前では、豪快なスプリントが展開されるのです。

PC112199.jpg
ブッチギリで先行したり、

PC112336.jpg
ギリギリまで我慢して、最後で一気に飛び出したり。

PC111866.jpg
他のシーンでも、間近で熱い走りを観戦する事ができました。

以下、その場面を。

PC112265.jpg

PC112702.jpg

PC112772.jpg

PC112863.jpg

PC112871.jpg

PC113118.jpg

PC113140.jpg

PC113177.jpg

PC118200.jpg

PC118214.jpg

PC118386.jpg

PC118477.jpg

PC118571.jpg

PC118657.jpg

浮城のまち行田クリテリウム 第2戦は、来年の1月8日の予定です。
自転車レースに興味のある方、まだ見た事がない方、もちろん大好きな方も、ぜひ観戦してみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------
※)走行シーンは、承諾無しで掲載しております。
 不都合がありましたら削除させて頂きますので、よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村