01_P1170270.jpg

スマートフォン用カメラレンズ、色々と試し撮り。

少し前の事になりますが、友人から、とある「スマートフォン用カメラレンズ」を薦められました。
レビューを見せてもらい、私も「コレは、なかなか良さそうだ」と思ったのです。

01_P1170282_n.jpg
という事で、手に入れてみました。

BC Master スマホカメラレンズキット

ワイドレンズ、マクロレンズ、カメラ取付用クリップがセットになったモノです。
他にレンズキャップと、これらを納める収納ケースも付いていました。

本体は、アルミ製でしっかりした造りです。
手に持つと、結構ズッシリ感がありますね。

価格は、2000円ほど。
この価格ですから、おそらく中国製だと思われます。

01_P1170288_n.jpg
「0.45倍、画角110°の超ワイドレンズ」と「倍率15倍のマクロレンズ」。
ワイドレンズとして使用する時は、この2枚を重ねて使用します。
接続は、夫々にネジが設けられているので、これをねじ込んで固定します。
ネジの精度は意外と良くて、スムーズにねじ込めますね。

01_P1170285_n.jpg
マクロレンズとして使用する時は、このレンズ1枚のみ使用します。

01_P1170295_n.jpg
私が使用している「iPhone SE」に装着してみました。
取付けは、専用のクリップで挟むだけ。
スマートフォンとの接触部分には、軟質ゴムが貼ってあるので、意外としっかり取付けられます。

それにしても、このミスマッチな存在感が凄いです。(苦笑)
それもそのハズ、このレンズのフィルター径は58mm。
一眼レフカメラやミラーレス一眼の中級クラスのレンズと同等の大きさです。
スマートフォンカメラ用レンズとしては、大きすぎる程のサイズですね。(笑)

IMGP9537_20170615214441087.jpg
これは、以前に使っていたスマートフォンカメラ用レンズです。
普通のスマートフォンカメラ用レンズといえば、大きくても、この位のサイズですよね。
コレを比べると、いかに大きいかが分かります。(笑)

という事で、コレを持ち歩いて、色々と試し撮りをしてきました。

02_IMG_3057.jpg
これは、「iPhone SE」の標準状態で撮った一枚。
35mm判換算だと29mmですので、一般的には広角レンズの部類になりますね。

02_IMG_3055.jpg
今回のスマートフォンカメラ用レンズを装着すると、こんな感じ。
広く写って、手前が大きく&奥が小さく、遠近感が誇張されているのが分かるでしょうか。
35mm判換算で29mmの0.45倍ですので、13mmの超広角となります。
超広角レンズって、一眼レフカメラやミラーレス一眼では、使いこなしが難しいのですよね。

02_IMG_3078.jpg
撮り比べを、もうひとつ。
これは、ワイドレンズ無し。

02_IMG_3082.jpg
これは、ワイドレンズ有り。
随分違いますね。

02_IMG_3029.jpg
風景を広く撮りたい時は、便利に使えますね。

02_IMG_3043.jpg
近づいて撮ると、ワイドレンズらしい感じが良く出てくれます。

03_IMG_3122.jpg
お馴染みの、深谷のパティオ。
ワイドレンズ無しだと、全景を入れるのは、なかなか大変ですが・・・

03_IMG_3124.jpg
ワイドレンズを装着すると、楽々と全景を収める事ができます。
(こうした建物を写すと、少々歪みが目立ちますね。)

04_IMG_3306.jpg
妻沼の聖天様。
仁王門を潜った所から一枚。

04_IMG_3385.jpg
仁王門の下でワイドレンズを使うと、こんな感じに撮れます。

04_IMG_3390.jpg
スマートフォンならではのトリッキーな撮り方で、一枚。
分かる人は分かると思いますが、これを一眼レフカメラで撮るのは結構大変です。(笑)

04_IMG_3315.jpg
「一歩前へ出て近づく」というのが、ワイドレンズの使い方のひとつ。
これだけのモノが、スマートフォンで撮れるようになるとは。(驚)

04_IMG_3350.jpg
聖天様の「平和の塔」の橋の上で。

04_IMG_3363.jpg
「平和の塔」の前にて。
スマートフォンで、これだけ撮れれば満足感ありますね。

05_IMG_3143.jpg
マクロレンズの試写。
十円玉は、この位の大きさに写せます。
レンズが大きいので、己の影が入らないように撮るのが難しいですね。

05_IMG_3162.jpg
周辺は、いわゆる「流れる」という感じで、場合によってはイヤな感じで目立ちます。

05_IMG_3262.jpg
上手く使いこなすのは、ちょっと難しいかもしれません。

05_IMG_3168.jpg
かなり、被写体を選ぶレンズなのかも。

06_IMG_3413.jpg
このスマートフォン用カメラレンズは、広々とした空を撮るのが一番向いていそうですね。

実は、先にアップしたエントリーの「別府沼公園」の画像は、スマートフォン用カメラレンズを使用した「iPhone SE」で撮影したモノだったりします。

******************************************************
【関連記事】
別府沼公園の花菖蒲 --- 熊谷市 別府沼公園 --
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1228.html
******************************************************

スマートフォンで、広がりのある被写体を撮るには便利でしたね。

ともあれ、スマートフォン用カメラレンズとしては、写り具合は良好という評価になると思います。
ベースのスマートフォンのカメラレンズに対して、ワイドレンズの口径が大きいので、歪みの影響が少ないのでしょう。
仕様によれば、ワイドレンズは「16層コーティング」との事ですので、これも効いているのでしょうね。

良好な写り具合で、スマートフォンでの表現の幅も広がりそうです。

しかし、難点は大きさと重さですね。
特に重さに関しては、本体のスマートフォンより重いですから。(笑)

でも、これからはスマートフォンの撮影がスタンダードになってくる(いや、もうなっている)ので、こうしたアイテムは重要視されてくる事でしょう。
そういう意味でも、勉強の一環として、色々な意味で使いこなせる様にしておきたいですね。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村