ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

アナタの知らない「チプカシ」の世界 --- アナタの腕にもチープカシオを ---

P1128955.jpg

価値ある「チープ」な「カシオ」の腕時計。

腕時計、使っていますか?。
最近は、携帯電話で時刻を確認する人も多いので、使わないという人も多いみたいですね。
それでも、Apple Watch‎(アップルウォッチ)がリリースされるなど、まだまだ腕時計の需要はありますかね・・・。

私は昔から腕時計を使っています。
初めて自分の腕時計を買ってもらったのは、中学に入学した時だったなぁ・・・。

モータサイクルで走る時、山に登る時、スキーをする時など、いつも腕時計を愛用していました。
時刻を知る事って、とても大切なのですよね。

今も、カシオのGショックやプロトレック等をメインで使っていますが、普段使いには、ちょっとヘビー過ぎる(デカ過ぎる)と感じる事もあって、そんな時は、カシオのスタンダードウォッチを使っています。
ホームセンター等で「吊るし」で売られている安価(1000円〜1500円位)な時計なのですが、これがまた使い勝手が良くて魅力的なのです。

最近、巷では「チープカシオ」と呼ばれていて、若者達になかなかの人気なのだそうで。

私がこの手の腕時計を買ったのは、昔、モータサイクルで長旅をしていた頃。
その時に使っていたカシオのプロトレックが電池切れになってしまったのです。
滞在していた地方都市の時計屋でプロトレックの電池交換をしてもらおうとしたら、預かりになると言われて、しかも費用が高かったのですよ。
(基本的に、Gショックやプロトレックの電池交換は、カシオのサービスセンター送りになるとか。)

その替わりとして、その時計屋の近くにあったホームセンターで「チープカシオ」を購入したのでした。
値段は、確か980円だったかな。(笑)
とりあえず「繋ぎ」のつもりで使っていたのですが、これがまた良い感じだったので、その後も愛用するようになったのでした。

「チープカシオ」の魅力は、ナント言っても「安価」であり「丈夫」であり「正確」であり。
前述のように、1000円ほどの価格の割に、メチャクチャ丈夫です。
夏の炎天下でも、真冬の山でも、洗濯機で洗ってしまっても(笑)、全然大丈夫でした。
時計の狂いも月差で20秒ほど。
私は、ひと月に20秒の狂い(進む事が多い)で困るような事は無いので、十分な精度です。(笑)

そんな「チープカシオ」に魅せられて、安価な事もあり、今まで幾つか購入して使っている私です。

P1128897.jpg
昨年末、ホームセンターに買い物(掃除用具を買ってこいとの命令が・・・)に行った時に、「チープカシオ」を見つけて、思わず購入してしまったのでした。(笑)

P1128900.jpg
購入したのは、カシオの「F-91W」というモデルです。
メーカー希望小売価格は2900円ですが、購入価格は税抜き1000円でした。(汗)
「電池寿命 約7年」とあるように、公式に電池寿命が長いのを謳っているのが良いですね。
(私の経験だと、10年位は全然大丈夫だったりします(笑)。)

P1128909.jpg
この「F-91W」は、1991年に海外モデルとして販売が開始されました。
安価という事で、世界的に物凄い数が普及したようです。
日本では、ショップなどが独自に輸入したモノが販売されていましたが、2013年に国内でも正式に販売されるようになりました。

170112_f91w_pic.jpg
(画像は、ネット上から借用させて頂きました。)

「F-91W」に関するエピソードとして、昨年に「土に20年埋もれても動き続けていた」というのが話題になりましたね。
子供の頃に無くして、20年後に庭で土に埋もれていたのを見つけたという事です。
7分ほど遅れていたけど、ちゃんと動作していたとして、世界中が驚いた一件でした。(凄!)
まさに「カシオ、脅威のメカニズム」という感じですね。
(ガンダムヲタにしか分からないネタかな?(笑)。)

また、「F-91W」はミリタリーウォッチとしても使われています。
米軍の某部隊では、コレが使われているらしいですね。

そして、アルカイダのビンラディンが使っていた事でも有名。(汗)
改造して、爆発物の時限起爆装置に使われたという物騒な話も。(大汗)

有名人が使っていたというネタでは、若き日のオバマ大統領も使っていたとか・・・。(驚)

P1128923.jpg
手元にある「チープカシオ」を並べてみました。
真ん中が、今回購入した「F-91W」です。

右側「A158WA」。
「F-91W」のステンレスタイプですね。
ケースは金属製に見えますが、プラスチックにシルバーのメッキが施されたモノ。
昔の物は、金属製ケースだったそうです。

左側「W-78」。
樹脂製の丸形ケースが特徴ですね。
ベルトが切れたので、汎用のウレタンベルトに交換しています。
このモデルは、今は絶版となっていて、ちょっとレア物なんですよ。(笑)

この3モデル、実はモジュール(中味)が同じなのです。
外装を変えて、違うモデルに仕立てるのは、腕時計では普通にあるのですよね。

P1128929.jpg
そして、「F-105W」。(左側)
これは、「F-91W」の上位モデルです。

「F-105W」は、結構気に入っていて、使い込んでいます。
ケースはテカテカになってしまったし、あちこち傷だらけだし。
ベルトも2回くらい交換したなぁ。
もう7年位は使っているから、そろそろ電池交換が必要かもしれません。(笑)

基本的には同じですが、ELバックライト機能付きなんですよね。

P1080745.jpg
「F-91W」は、LED球のバックライトです。
緑色が、懐かしいレトロな感じ。
画像では明るく写ってしまいましたが、実際には暗くて実用的ではありませんね。
そこがまた「チープ」な感じで愛おしいのです。(笑)

P1080748.jpg
「F-105W」は、ELバックライト搭載。
明るくて十分な光量で実用的ですね。
ただ、電力を食うので、多用するとチープカシオとはいえ電池寿命が短くなります。(笑)
それに、ELバックライトを仕込んでいる事で、「F-91W」に比べて若干ケースが厚くなっています。
まあ、1mm程ですが。(笑)

こうしてまた増えてしまった「チープカシオ」。
使い捨てでもイイかな、と思って買うのですが、使い捨てできない程に丈夫で長持ち。
気が付けば、どんどん増殖してしまう程の魅力があるのです。(笑)

どうですか?。
アナタの腕にもチープカシオを付けてみませんか?。(笑)

P.S.
実は、他にも別系列の「チープカシオ」を持っているのですが、それはまた別の機会にでも。(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村

 ●Mono

2 Comments

カノッチ  

いや、懐かしいな!四半世紀前に使ってた。おなじモデルがまだ作られているんですね~
電池寿命が5年から7年に伸びた気がする。

2017/01/14 (Sat) 22:35 | REPLY |   

カツヤナギ(ほび)  

Re: タイトルなし

カノッチ さん>
細部の微妙なマイナーチェンジは行われているようですが、これほど長く製造販売されているとは驚きですよね。(^^;)
そうそう、昔は電池寿命が5年でしたよね。
いつから7年になったのかな?。(^^;)

2017/01/16 (Mon) 00:34 | REPLY |   

Leave a comment