ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

豪華!、七段飾り&八段飾りの「お雛様」 ---埼玉県深谷市 尾高惇忠生家---

P2282638.jpg

豪華な、段飾りのお雛様。

富岡製糸場の初代場長として活躍した「尾高惇忠」。
深谷の偉人「渋沢栄一」に論語を教えた先生でもあります。

P2282706.jpg
その「尾高惇忠」の生家が、深谷市指定文化財として公開されているのは御存知の通り。
他の「渋沢栄一」の所縁の場所と併せて見て回る方も多いですね。

*******************************************
【関連記事】
渋沢栄一ゆかりの地をめぐる「2016 ふかやスタンプラリー」
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1023.html
*******************************************

P2282630.jpg
只今、「尾高惇忠」の生家で、ひなまつりが行われています。

P2282632.jpg
豪華な雛人形が飾られていると聞いて来てみたのでした。
中に入ってみると、豪華な段飾りの雛人形が2組も飾られていたのです。(TOP画像)

P2282642.jpg
左側には、七段飾りの雛人形。
昔の段飾りのお雛様といえば、五段がオーソドックスだったような気がします。
普通の家では、七段飾りなんて豪華なのは無かったような・・・。(汗)

P2282668.jpg
雛人形の部分をアップで。
内裏雛(男雛・女雛)、三人官女、五人囃子、左大臣と右大臣、仕丁。
オールスター勢揃い、といった感じでしょうか。

P2282648.jpg
右側には、なんと八段飾りの雛人形が。
七段飾りも豪華ですが、八段飾りは、さらに豪華さが増しますね。

P2282657.jpg
あまりの高さに、雛人形の頭が天井の梁ギリギリです。(汗)
そして、最上段の金屏風は、梁に当たってしまうので広げきれないという・・・。(大汗)

お話を聞いてみると、これらの段飾りの雛人形は、近隣のお宅で保管されていた物だそうです。
30年位前のモノではなかろうか、という事でした。

P2282686.jpg
さらに、隣の間には「つるし雛」が。

P2282670.jpg
猿、ひよこ、柿、ほおずき、桃、いちご・・・などなど、意味のあるモチーフを糸に吊るした物。
静岡県で「つるし雛」を見た方が、御自分で製作された物だそうです。

P2282675.jpg
これだけの数を作られるのですから、かなりの労力だった事でしょう。
よく見ると、深谷らしいモチーフの「ネギ」もありました。(笑)
こうした遊び心が垣間見えるのも魅力的です。

P2282681.jpg
大きな丸い「鞠」は、製作が大変なんだそうです。
これを、こんなに沢山作られるとは、凄いですね。

P2282690.jpg
ガイドの方と、色々お話させて頂いて、楽しかったです。
新たに勉強になった事もありましたし。
こんな可愛いお土産まで頂いてしまいました。(笑)

P2282692.jpg
今週末の3月3日〜5日には、甘酒のお振る舞いもあるそうです。
甘酒を頂きながら、雛人形を見るのもイイですね。

P2282697.jpg
主屋の裏手には煉瓦造りの土蔵(画像左側)もありますので、これを間近で見学するのもオススメです。

【追記】
そうそう、七段飾りの雛人形は、これが飾り納めとか。
この後、お寺で人形供養をされるという事です。
最後の機会に、撮影させて頂く事ができて光栄でした。

*******************************************
尾高惇忠生家
住所:埼玉県深谷市下手計236
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:年末年始(12月29日〜1月3日)
*******************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村

 ●散策 & グルメ

0 Comments

Leave a comment