P1100895.jpg

おそうじロボットが、雑誌の付録になる時代になったか!

雑誌の付録、ワクワクしますよね。
近年、女性誌の付録は凄いですし、男性誌にもビジネスバッグや多機能ウォレットなどが付録についてくるようになりました。
子供の頃、小学館の小学○年生や、学研の科学や学習の付録に、毎月ワクワクしていたのも思い出します。

そんな付録の世界ですが、ついに「お掃除ロボット」が付録についたと話題になりました。

P1100909.jpg
その「お掃除ロボット」の付録がつく雑誌は、小学館の「ちゃお」2017年4月号。
女子小学生向けの漫画雑誌です。
実は、ウチの子が愛読しておりまして。
さすがに、ヲヤジが買うには、恥ずかしいというか、怪しまれるというか・・・。(汗)

P1100890.jpg
これが、噂の付録。
こんなパッケージに入ってきます。

P1100891.jpg
裏には、新聞っぽい感じで、諸々の説明が。
ちなみに、この付録の問合せ先は「株式会社大丸松坂屋百貨店 法人外商事業部」となっています。
この辺りも、色々な意味で興味深いですな。(笑)

P1100918.jpg
パッケージから中味を取り出しました。
セミアッセンブリー状態ですね。

P1100964.jpg
取扱説明書が付属しています。
組立て方法の記載もありますね。

P1100923.jpg
本誌にも、組立て方が載っています。
内容は、ほぼ同様ですね。

P1100931.jpg
パーツを取り出しました。
欠品はありませんね。

P1100934.jpg
シャーシです。
「お掃除ロボット」とはいえ、電子制御の類はありません。(苦笑)
樹脂製パーツの組合せで、メカニカル的に動作するモノです。

P1100940.jpg
組立は、それほど難しくありません。
基本的に、モーター(たぶんFA-130)をシャーシに差し込み、反対側からモーター軸に吸入ファンを差し込むだけ。
配線のを規程の場所に沿わせる必要がありますが、ココを気を付けないと断線させる可能性があるかな?。

モーターの動力で吸入ファンを回転させ、吸入ファンと同一成形されたピニオンギヤで走行駆動部に動力を伝達する仕組みですね。
水色のパーツに外力を受けたり、上下動があったりすると、微妙にギヤの噛み合いがズレる仕掛けでしょうか。
ウォームギヤや簡易的なクラッチも使っていて、なかなか凝った構造ですね。

P1100944.jpg
上部カバーを取付けました。
大きさは、直径10センチ。
手のひらにのるサイズです。

P1100959.jpg
露出したモーターを覆うように、キャラクター人形(プリプリちぃちゃん)を差し込んで、完成。
駆動用に単4電池2本が必要なので、別途準備する必要があります。
(幸い、手持ちがあったのでラッキーでした。)

早速、動作テストをしてみましょう。



なかなか元気に走り回ってくれます。
机の端まで行くと、両端のパーツが「接触式センサー」となって動作し、上手く方向転換します。



上部カバーを外した状態で走らせてみると、そのギミックが良く分か・・・らないか。(苦笑)

P1100983.jpg
肝心のゴミの吸い込みも、小さくて軽いゴミであれば、それなりに吸い込んでいます。
ファンの大きさと回転数から、吸引できるのは消しゴムのカス位が限界かもしれませんね。

こんな感じの「お掃除ロボット」でした。
女子小学生向けの雑誌の付録ですから、玩具の域の代物かな。
それでもウチの子は、「あー、動く動く!」とか「ゴミが吸い込まれてる!」とか、結構楽しいようです。

それでも、少ないパーツ構成で、凝った仕掛けを搭載しているのには驚きです。
駆動系が樹脂製のパーツなので耐久性は望めませんが、大人も色々と楽しめるアイテムかと思います。

それにしても、コスト的に厳しかっただろうなぁ。(汗)
お疲れさまでした。>関係した方々。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/tb.php/1133-61bf1ad9