ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

埼玉一の巨木の、不思議なパワーを浴びるのだ --- 越生町 上谷の大クス --- 

P3083743.jpg

樹齢千年以上の巨木は、不思議なパワーが溢れている。

越生梅林で梅の花を見た後、山の中へ移動。

******************************************************
【関連記事】
満開の越生の梅の花 ---越生梅林&最勝寺---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-1139.html
******************************************************

P3083727.jpg
やって来たのは、「上谷の大クス」。
埼玉で一番の「巨木」です。

P3083721.jpg
画像の真ん中に、こんもりした緑が「上谷の大クス」。
下の家と比べると、その大きさが分かるでしょうか?。
梅の花と一緒に見られるのは、今の季節だけなのですよ。

P3083815.jpg
少し登りの歩道を歩いて行くと・・・見えてきました。
見よ、この雄大な姿。
埼玉で一番大きな木。
全国巨木ランキングでも、第16位にランクインしているのです。

P3083749.jpg
説明看板によれば、樹齢は推定で千年以上。
幹回り15メートル、高さ30メートル。
関東の山間部で、このような大木に成長するのは極めて珍しいとの事。

P3083737.jpg
では、もっと近づいてみましょう。
幹の近くまで行けるように、ウッドデッキが設けられています。
昔は何も無かったので、見に行くのは結構大変だったのですよねぇ。(苦笑)

P3083750.jpg
この堂々とした巨大な幹。
広角レンズで撮っているのですが、全てをフレームに入れるのは難しい位です。
この位置から全景を撮るには、超広角か魚眼が要りますね・・・。

P3083763.jpg
幹の間にも、新しい緑が伸びています。

P3083753.jpg
上を見上げれば、これまた立派な枝ぶり。

P3083789.jpg
とある枝には、捩じれたような模様があります。
これも、長い長い時間が造り出した自然の造形美ですね。

P3083799.jpg
見学に来た人と比べると、その大きさがよく分かりますね。
皆、こんなふうに見上げてしまうのですよ。(笑)

千年以上もの長い時間を生きた巨木からは、不思議なパワーが溢れているようです。
近くで、この不思議なパワーを全身に浴びると、心も体も元気になる、そんな気がしますね。

P3083829.jpg
越生からココまでくるルートは、ロードバイクで走る人に人気のヒルクライムコース。
かなりキツい坂道なのですが、上谷の大クスに会う為に、多くのライダー達が登ってくるのです。
立派なバイクラックも完備されているので、ロードバイクの駐車も安心です。
(但し、ロックは忘れずにね。)

P3083834.jpg
この敷地は、まだお住まいになっている方のモノだそうです。
くれぐれも、モラルとマナーに注意して見学したいですね。

******************************************************
上谷の大クス
住所:埼玉県入間郡越生町上谷
※)自転車用バイクラック有、車の駐車スペースも数台分有
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村

Comment

Name - さくら  

Title - 

立派な楠ですね!思わず、となりの「となりのトトロ」を思い出しました。
日本の歴史を見続けてきたのかと思うと、なにか御神木をみるような感じです。
それにしても、この大きさで16位では、1位ってどんな大木なんでしょ💦
2017.03.16 Thu 23:08
Edit | Reply |  

Name - カツヤナギ(ほび)  

Title - Re: タイトルなし

さくら さん>
近くでは、一目で全部を見る事ができないほどの巨木です。
根元には、小さな祠が祀られているのですよね。
昔から神格化されて、崇められていたのだと思います。
巨木ランキングは色々な所で発表されていて、実は順位がマチマチだったりします。(苦笑)
しかし、そのどれも一位は、鹿児島の屋久島の杉ですね。
写真でしか見た事がありませんが、生えている場所も含めて「神々しい」と感じます。
2017.03.17 Fri 10:55
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.