ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

高山社跡へ 

今月(2014年6月)、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産リストへ正式に登録される見通し。
あちこちでも、関連施設の見学者が急増しているとの事ですね。
私も「田島弥平旧宅」を見てきましたが、なかなかの賑わいぶりでした。
正式登録となれば、さらに混雑するでしょう。
(他の世界遺産登録の件を見ても分かりますよね。)

という事で、少しでも静かに見られるうちに見学しに行こう!という事で「高山社跡」へ行ってきました。
「高山社跡」は群馬県の藤岡市にあります。
ウチからだと車で1時間位でしょうか。
9時から開場なので、それに合わせて行ってみました。

現着して市営の無料駐車場に車を停め、遊歩道を歩いて「高山社跡」へ向かいます。
駐車場も整備したてという感じ。

IMG_2371.jpg

遊歩道に至っては、急ぎ竹やぶを切り開いて作ったように見えました。
やはり、見に来る人が増える事を見越して(いや、もう増えつつある)の環境整備なのでしょうね。

遊歩道を少し歩いて到着しました。

IMG_2482.jpg

ここも、世界遺産を意識しての「のぼり」が立っていました。

IMG_2495.jpg

「高山社」は、明治時代に「高山長五郎」が独自の養蚕方法である「清温育」を確立し、
多くの分教場を設け、養蚕技術普及のための機関となったのでした。

IMG_2497.jpg

ここは、そこに関連する建物が残っているのです。

R0015697.jpg

残っている建物は母屋と門だけですが、かなり古い物らしく、どことなく懐かしい感じがします。

母屋の中は、まさに「養蚕農家」の雰囲気です。

IMG_2387.jpg

天井はスノコ、床には火鉢が設けられていて、効率よく「暖房」と「換気」ができる仕掛けになっています。

天井のスノコの間から二階の様子が伺えます。

IMG_2397.jpg

残念ながら二階には上がれないとの事。
リアルな養蚕の様子を間近で感じる事ができると思うのですが、建物の老朽化を考えれば仕方がないですね。

IMG_2401.jpg

他にも、「まぶし」(カイコが繭を作るときに入る物)をはじめ、古い道具などが展示されていました。

奥は、住居スペース。

IMG_2422.jpg

何とも言えぬ良い雰囲気のお部屋でした。

途中からガイドの方が付いて下さって、色々とお話を聞かせて頂きました。
私が子供の頃にカイコ仕事を経験していた事を話すと、普段はしないであろう裏話も聞けたりして。

一番興味深く聞けたのは、高山社のビジネス面について。
今の時代でも、いや、今の時代だからこそ、こういうビジネススタイルを見習わなくてはですね。
(ググったりもできますが、興味のある方は、ぜひ現地へ行って話しを聞いてみてくださいませ。)

外には「貯桑室」や「乾倉庫」の土台部分(石垣)が残されています。

IMG_2450.jpg

IMG_2452.jpg

周辺には、桑畑が広がっていたとの事ですが、需要の減少により多くの「柿」が植えられたそうです。

R0015700.jpg

庭の片隅に、世界遺産登録を意識してのグッズが並んでいました。

IMG_2471.jpg
さすがに買いませんでしたが。(苦笑)

朝一番という事もあり、ほとんど貸切で見学する事ができました。
ひと回りして外に出る頃には結構人が来ていたので、この日も多くの人が来た事でしょう。

IMG_2472.jpg

私が養蚕関連の施設に引かれるのは、子供の頃にカイコ仕事をした(させられた)からかもしれません。
桑畑から桑っ葉を運んだり、蚕棚の桑っ葉を取り替えたり、まぶしから繭を外したり、今では良い思い出です。

そうそう、夜中に養蚕部屋にに行くと、蚕が桑を食べる音が聞こえるんですよ。
あの不思議な音が懐かしい・・・。

この後も、しばらく養蚕関係の施設巡りが続きそうです。

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.