ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

春から初夏へ、緑の聖天様をブラリ撮り歩き ---熊谷市 妻沼聖天山--- 

P5183479.jpg

緑の色も、しだいに濃くなってきました。

早いもので、5月も終盤。
ゴールデンウィークが、つい最近だったように思えるのは、歳をとったせいでしょうか。(苦笑)

6月になれば、鬱陶しい梅雨がやってきます。
農作物等にとっては必要なのですが、人間には辛いジメジメの季節。
まあ、これも季節の移ろいですから、受け入れなくてはなりません。

そんな梅雨がやって来る前に、残り少ない清々しい5月の季節の中を散歩してみました。

P5183482.jpg
では、「貴惣門」から。
国指定重要文化財の立派な門です。
右側に毘沙門天、左側に持国天の像があります。
長い間、お化粧直しをしていましたが、春先に完了しましたね。

P5183483.jpg
貴惣門の脇の石仏の側には、まだ春を思わせる花が咲いていました。

P5183486.jpg
貴惣門をくぐると、参道の脇に木々の緑が広がっています。
緑の色も濃くなって、初夏の雰囲気さえありますね。

P5183488.jpg
実盛公の像の周りも、もうこんなに緑です。

P5183491.jpg
中門。
聖天山の建物の中では、最も古いモノなのですよ。

P5183497.jpg
中門の隣にある「千代桝」さん。
本格的な割烹料理の他に、リーズナブルな縁結びメニューもあるのですよね。
いつかは、特上の鰻を頂いてみたいものです。(笑)

P5183499_20170527223713fda.jpg
仁王門の前の狛犬。
よく見ると可愛い顔をしているんですよね。(笑)

P5183657.jpg
仁王門の脇にある御水屋。
ココで、手と口を漱ぎましょう。

P5183627.jpg
仁王門をくぐると、中央に石舞台。
中央奥が本殿になります。
左の赤い屋根の下には、相撲の土俵があります。
大祭の時に、ちびっこ相撲が行われる所です。

P5183640.jpg
では、本殿にお参りしましょう。

P5183650.jpg
本殿の近くにある、大木。
見上げると、若々しい緑がまぶしいです。

P5183629_20170527223808203.jpg
本殿から脇にそれて、鐘楼へ。

P5183639.jpg
そして、夫婦の木。
緑が濃くなって、縁結びパワーも上昇中!。(笑)

P5183637.jpg
軍茶利の滝。
夏になると、ココの涼しさが恋しくなりますね。

P5183670.jpg
平和橋と平和の塔。
この若葉の美しさは、今の時季でしか見られない光景です。

P5183646.jpg
この5月、聖天様の9つの建物が、国登録有形文化財に正式決定しました。
このお知らせの説明看板が、新たに本殿の近くに建っていました。
このエントリーにアップした建物も含まれているのですよね。
散策の際に、これらを見て回るのもオススメです。

P5183724.jpg

そうそう、イベントの情報です。

6月8日と9日に聖天様で、囲碁の「第72期 本因坊戦 第三局」が行われます。
聖天様で囲碁の対局が行われるのは、2012年に行われて以来、5年ぶりとなりますね。
本殿の彫刻に、囲碁をしている姿があるという事に縁があって、聖天様での開催となっているようです。

P5183654.jpg

イベント情報、もうひとつ。

6月10日と11日に、「無料シャトルバスで行く 小さないい旅」が開催予定。
JR籠原駅からシャトルバス(無料)を運行して、

・別府沼公園(ハナショウブ)
・能護寺(あじさい)
・坂田医院旧診療所(国登録有形文化財)
・道の駅めぬま(妻沼のグルメ等)
・妻沼聖天山

などを巡る「小さな旅」です。
自分の車で巡るよりも、バスの方が旅気分になりますよね。(笑)

P5183730.jpg
と、こんな感じで、聖天様をブラリ撮り歩き。
梅雨入り前に、爽やかな緑の中を散歩してみるのもイイものですね。


******************************************************
妻沼聖天山 歓喜委院(聖天様)
住所:埼玉県熊谷市妻沼1627

【公式サイト】
http://www.ksky.ne.jp/~shouden/
******************************************************


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.