ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

八木橋の中を通る中山道 --- 熊谷市 八木橋百貨店 --- 

P1270746.jpg

創業120周年の老舗百貨店の店内に、中山道が通っている。

先にアップした「八木橋と熊谷の歴史展」。
新聞等にも取り上げられて、訪れる方も多いようですね。
懐かしい思い出に浸って、あの頃にタイムスリップしたような感覚もあったりして。
開催は26日までなので、まだ見ていない方は、お早めにどうぞ。

そんな八木橋の話題を、もうひとつ。
まあ、結構知られているネタではありますが・・・。(苦笑)

P1270755.jpg
八木橋の東口の道沿いに、「旧中山道跡」の石碑があります。

P1270766.jpg
「中山道」といえば、昔の「五街道」のひとつ。
江戸時代、その「中仙道」が熊谷を通っていました。

熊谷は、中山道六十九次の江戸から数えて8番目の宿場でした。
「熊谷宿」は大きな宿場で、かなり賑わっていたそうです。
(終戦直前の熊谷大空襲で、当時の建物(陣屋など)等が失われてしまったのが残念です。)

P1270817.jpg
これは、「八木橋と熊谷の歴史展」に展示されている一枚の写真。
中央手前の「仲町通」のゲートの左に続いているのが「中山道」です。
その昔、「中山道」は八木橋のすぐ脇を通っていました。
「中山道」を挟んで、八木橋の相向かいには、幾つものお店が並んでいたのですよね。
私も、ばあちゃんに連れられて、和菓子屋さんや蕎麦屋さんに行ったのを覚えています。

P1270797.jpg
これも、「八木橋と熊谷の歴史展」に展示されている一枚。
大規模改装前の建物を南側から見た所ですね。
手前のお店が無くなり、そこを通っていた「中山道」も一時的に無くなっている状態です。

P1270768.jpg
そして、新しい八木橋の建物は、中山道の上に建てられたのでした。
という事で、現在「中山道」は、八木橋の店内を通っているのです。

この東口を通って店内に入ると・・・

P1270779.jpg
最近設置された「記念スタンプ」があります。

P1270775.jpg
「中山道を歩く旅」を楽しまれている方々が、このスタンプを押している姿も見られますね。

P1270781.jpg
店内の、この通路が「中山道」。
他の通路より、幅が広くなっているのですよね。
ココを、「現代の旅人」が歩いて行くのです。(笑)

P1270740.jpg
こちらは、反対側の西口。
この先「中山道」は、「一番街」に続いています。
国道17号線に戻ってしまう「現代の旅人」もいらっしゃいますが、御注意を。

P1270759.jpg
そうそう、東口の「旧中山道跡」の石碑の隣に「宮沢賢治」の歌碑もありますね。
ちょっと隠れ気味なので、知らない方も多いでしょうか。

P1270760.jpg
大正5年に、秩父地方へ地質調査の旅の途中、熊谷に宿泊した時に詠んだ歌だそうです。

P1270784.jpg
熊谷と言えば、あとひと月もすれば「うちわ祭」。

P1270751.jpg
今年もまた、暑くて熱い3日間になりそうですね。

***********************************************
八木橋百貨店
住所:埼玉県熊谷市仲町74
営業時間:午前10時〜午後7時
***********************************************


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ
にほんブログ村


Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.