ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

万感の思いを胸に、川原湯温泉を訪ねる 

週末、群馬県の「川原湯温泉」を訪ねてきました。

「川原湯温泉」は、名勝「吾妻渓谷」に沿うようにある温泉です。
この辺りは、数年前に色々と論議を呼んだ「八ッ場ダム(やんばダム)」が建設されている所。
紆余曲折の長い経過を辿ってダムの建設が進み、川原湯温泉は姿を変えてきました。

昭和の終わり頃に、ふとした事で川原湯温泉に縁ができた私は、機会があるごとに訪れるようになりました。
山間の静かな温泉地が、様々な「力」に翻弄され、押し流されてゆく様を見てきたつもりです。
(まあ、ココでは多くを語るまい、という事で・・・。)

実は、ここへ通じる国道が近々通行止めになるのです。
(11月18日の正午から通行止めが実施されるとの事。)

そうなれば、川原湯温泉へも行けなくなる・・・。
「これが最後」との思いを胸に、川原湯温泉へ向かったのでした。

「川原湯温泉入口」のゲートをくぐり、温泉街へ。

PB022143.jpg

走り慣れた道ですが、来る度に景色が変わっているのが分かります。

PB022059.jpg

一番奥の駐車スペースに車を停めて歩き出します。

まずは「足湯」へ。

IMG_1558.jpg

昏々と湯が出ていて、足湯が楽しめた所です。

IMG_1561.jpg

今は湯が止められて、湯が出ていた所は乾いていました。

温泉街の店で玉子を買ってきて、自分で温泉玉子を作る事もできたのですよね。

IMG_1560.jpg

私は、この温泉玉子と、来る途中に「日野製パン」で買ったパンで、足湯ランチをするのが定番でした。

------------------------------------------------
【過去記事】
素朴で懐かしい美味しさ ---日野製パン---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-276.html
------------------------------------------------

今日は寂しい思いで、パンだけのランチとなりました。

IMG_1587.jpg

腹を満たした後、温泉街方面へ。

「王湯」は、川原湯温泉を象徴する浴場でした。

IMG_1554.jpg

内湯と外湯があり、どちらも気持ち良くお湯が楽しめたものです。
脱衣所から階段を下りて湯船へ行くという、ちょっと変わった所も好きでしたね。

IMG_1551.jpg

王湯の下には、古い源泉「元湯」があって、今でもシュウシュウと白い煙が立ち上っていました。

この「王湯」の前では、「湯かけ祭り」が行われました。

PB022058.jpg

今年(2014年)の1月に行われたのが、移転前最後の祭りになったのです。

PB022057.jpg

「王湯」は、新しい川原湯温泉に移転し「王湯会館」として開業しています。

「聖天様の露天風呂」(聖天の湯)は、温泉街から遊歩道を登った所にある露天風呂。
ここも閉鎖となっています。

PB022069.jpg

何度も入りましたが、本当に良い露天風呂でした。
あまりにオープンな環境なので、女性は入り難かったようですが。(苦笑)

最後に入った時、たまたま一緒になった人と話しました。
ココは少し高台になっているので、もしかしたら沈まないかも、と。
しかし、そうなってもココへ来る手段が無いという・・・。
実に残念な事です。

「笹湯」は、温泉街から脇にそれて少し下った所にある浴場。
ちょっと隠れていて、あまり人に知られていなくて、静かにお湯が楽しめたのですよね。

IMG_1607.jpg

私は、ココが一番好きでした。

IMG_1609.jpg

雪の降る中、ココに来て入る温泉は最高でしたね。
柔らかいお湯で、いつまでもノンビリと入っていたくなる浴場でした。

温泉街の建物は、ほとんど取り壊されました。

IMG_1601.jpg

宿、飲食店、土産物店、住居。

IMG_1604.jpg

かつて建物があった場所は、土台の部分を残すのみ。
あの温泉街の景色は、もはや見る事ができません。

数年前、家族で泊めさせて頂いた宿屋さんの建物も、今はありません。

IMG_1630.jpg

わずかに残る浴槽の残骸が、名残を感じさせてくれました。

IMG_1620.jpg

足湯の所へ戻り、川原湯神社への階段を登ります。

IMG_1588.jpg

舞い落ちた葉が積もる階段を登る度に、色々と思い出が蘇りますね。

IMG_1585_20141106220457ae7.jpg

この歴史ある神社、何度もお参りしたっけ。

IMG_1571.jpg

これが最後になるんだな。

IMG_1575.jpg

苔むした切り株の上に、モミジと木の実が。

IMG_1581.jpg

綺麗だ。
本当に綺麗だ。

川原湯温泉を訪ねるのも、これが最後になる事でしょう。

IMG_1635.jpg

しっかりと自分の目と心に焼き付けてきました。

IMG_1641.jpg

こちらこそ、本当にありがとうございました。

(つづく)

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.