2015.03.11 3月11日
あの日から4年。
これは、あれほどの大惨事の記憶を薄めようとする残酷な歳月でもある・・・。

あの日のあの時、ちょうどガソリンスタンドで給油中でした。
長い間隔の横揺れに驚きながらも、すぐさま給油を中止。
ガソリンスタンドの屋根がギシギシと軋む音を、今でも覚えています。

家から近い所だったので、揺れが収まったのを見計らって車を走らせて帰宅。
幸い、嫁も子供も家にいて、すぐに無事を確認できたのでした。

その後は何もする事ができず、テレビから流れる惨状を「これは現実なのか?」と思いつつ、だた観ているだけだった・・・。

僅かな時間の間に、街が、家が、人の命が・・・何もかも無くなってしまう恐ろしさ。
日本中の人が、心底感じたあの恐怖。

それでも、あの日から4年経ち、世間では「風化」してきている風潮も・・・。
しかし、この4年は、「もう」ではなく「まだ」なのです。

あの震災から学んだ事は多いはず。
その教訓を今後に生かすためにも、この日を忘れてはいけないのです。

想い出が詰まった街が、あの頃の姿を取り戻すのは難しいかもしれません。

P5040690.jpg

しかし、微力ながらも応援していきたいと思うのです。

P5050714.jpg

亡くなられた方々の御冥福をお祈りいたします。
合掌。
Secret