ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

久々にボディーキャップレンズを使ってみる --- OLYMPUS BCL-1580 --- 

ここしばらく、ネットオークションで手に入れた「OLYMPUS PEN Lite E-PL2」を持ち歩いて使っています。

******************************************************
【過去記事】
旧いデジカメは男のロマン --- OLYMPUS PEN Lite E-PL2 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-497.html
******************************************************

あくまでもサブカメラとして、スナップメインで使うという事で。
レンズは手持ちの中で一番軽いコレを組み合せて。

IMGP9163.jpg
OLYMPUS BCL-1580
15mm(35mm判換算で30mm)、F8固定、ピントは手動という割り切った仕様。

IMGP9149.jpg
ほぼ全部が樹脂製なので、凄く軽いんですよ。
「ボディーキャップレンズ」と銘打っていますが、OLYMPUSは「レンズ」ではなく「アクセサリー」の扱いなんですよね。

IMGP9192_20150618231737992.jpg
しかも、この薄さ(9mm)。
ボディーキャップより、ちょっと厚い程度ですね。

コレがリリースされた時は、結構話題になりました。
玩具っぽさが、妙に興味をそそったんですよ。
しかも、安価だったしね。

私もすぐに手に入れて、手元にあったマイクロフォーサーズ機(E-P1、E-PM1)に付けて使っていました。

その後は、マイクロフォーサーズ機を使う機会が減ったので、この「ボディーキャップレンズ」も「お蔵入り状態」に・・・。
しかし、E-PL2を手に入れたので久々の出番という事になりました。

以下、作例という程ではありませんが、ズラズラと貼付けてみましょう。

P6130165.jpg

P6130169.jpg

P6130185.jpg


ピントの位置は「パンフォーカス」。
F8固定なので、明るい屋外でもしっかり構えて手ブレに注意。
カメラの感度を上げておくと安心です。

P6130193.jpg

近接位置(30cm)で撮ると、こんな感じ。
オートフォーカスではないので、もちろん目測です。

P6130190.jpg

解像度は・・・。(苦笑)
でも、雰囲気は出てるでしょうか。

P6130198.jpg

P6140404.jpg

諸々の条件にハマると、カッチリ写ります。

P6140351.jpg

P6140354.jpg

P6140401.jpg

オートフォーカスのタイムラグが無いので、街中では、まさに「速写」。
単純なシステムなだけに動きが速い。

写りは、「普通」。

この手のキワ物系のレンズは、歪んだり、変なボケ方をしたり、色が変になったりと、それなりの「味」があるモノなのですけどね。
しかし、このBCL-1580は、ちゃんと「普通」に写ってしまうのです。

変な面白みが無いというのが難点かな。
OLYMPUS、真面目に作り過ぎ。(苦笑)

とりあえず、構えてシャッターを押すだけなので、難しい事は考えずにパシャパシャ撮るには良いレンズですね。


【追記】
大事な事を、ひとつ。
BCL-1580には電子接点がないので、カメラ側で手ブレ補正のデーターを設定しなくてはなりません。
E-PL2は、15mmの設定がないので、近似の16mmとしています。
BCL-1580を使っている人で、意外とコレを忘れている人が多いみたいですわ。

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.