久々に映画館で映画を観てきました。

P7011591.jpg

「群青色の、とおり道」

群馬県太田市の合併10周年記念映画です。
(2005年3月に旧太田市、新田郡尾島町、新田町、藪塚本町が合併しました。)

今年の3月から群馬の各地で先行上映されていて、太田では7月始めまでのロングラン。
(ちなみに、7月から全国で順次公開の予定との事。)
最後の最後に、やっと観に行く事ができました。

舞台は、もちろん群馬県の太田市。

ミュージシャンを目指して勘当同然で上京した主人公。
(演じるは、仮面ライダーWで主役だった「桐山漣」さん。)

父親からの突然の電話で10年ぶりに帰郷し、家族や昔の仲間の中で自分自身と真剣に向きあっていく姿を描くというストーリー。
まあ、よくあるパターンではありますが、私にとって馴染みの場所が出てきたり、自分にダブる所があったりと、共感できる場面が多かったです。
(放蕩兄貴が出来の良い妹に説教くらうシーンなんて、まんま私ですがな(汗)。)

映画の中は、とにかく「太田づくし」。
金山、呑龍さま、東武伊勢崎線の木崎駅、太田記念病院、焼き饅頭、太田焼きそば(主人公が焼きそばマップ見てたり(笑))、主人公の実家の車が「スバル」だったり。
川沿いのサイクリングロードも出てきました。
協賛&協力企業も群馬関連が多々、群馬県出身の群馬住みます芸人「アンカンミンカン」のお二人も「工員B」&「工員C」で出演。
所々に上州弁も出てきますしね。(「いいがね~、たまには」なんて(笑)。)

で、何と言ってもクライマックスの「尾島ねぷたまつり」。
ストーリーの中でも重要なイベントになっています。

このロケは、昨年の「第36回 尾島ねぷたまつり」の最中に行われたんですよね。
この時、嫁と一緒に祭りを撮りに行っていたんです。
で、現場でエキストラの募集があったので、もちろん参加したのでした。

******************************************************
【過去記事】
第36回 尾島ねぷたまつり
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-196.html
******************************************************

映ってるかなぁ?なんて、ちょっと期待してたりして。
で、その場面を観ていたら、カメラがパンした一瞬、嫁が映りこんでいたような。(汗)

派手なアクションやCGなどは全く無い作品ですが、ジンワリと暖かくて、若さがホロ苦くて、チョッピリ泣ける、そんな映画だと思います。
御当地モノの内輪ネタっぽい感じもありますが、ローカルな宣伝映像としてもOKかと。(笑)

鑑賞の機会がありましたら、是非!。
地元を離れて都会に出た方が観ると「たまには帰るか~」なんて思ってしまうかもしれませんね。

******************************************************
「群青色の、とおり道」公式サイト
http://gunjyoiro.jp/
******************************************************
Secret