ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

4チーム合同「渡良瀬のんびりライド」 

先の日曜、ネットを通じてお知り合いになった自転車チーム「CONBRIO」さんが主催の

「渡良瀬のんびりライド」

に参加しました。

参加チームは、「CONBRIO」「Accelerando Chichibu」、「First Bicycle」、そして我が「北風と太陽」の4チーム。
参加メンバーは、総勢18名となりました。

RIMG1933.jpg
目的地は、「渡良瀬遊水池」。
スタートは、群馬県伊勢崎市の「島村蚕のふるさと公園 」でした。
ここから利根川自転車道と一般道を走って、栃木県藤岡町の「渡良瀬遊水池」へ向かいました。

RIMG1849.jpg
朝7時スタートでしたが、既に太陽がギラギラと輝いていて、気温もグングン上昇しているのが体感できるほど・・・。(暑)

RIMG1856.jpg
埼玉県行田市のサイクリングセンターで、県西&県南メンバーと合流。

RIMG1866.jpg
行田サイクリングセンターの住人(住猫)達が、愛想良くお出迎えしてくれました。

RIMG1870.jpg
メンバーが揃った所で、再スタート。

RIMG1873.jpg
これだけ大勢のメンバーと走る機会はめったにありません。
北風と太陽の面々も、良い刺激を受けた事と思います。

RIMG1880.jpg
埼玉県の羽生で利根川を渡ります。
川面を渡る風が気持ち良い。

RIMG1896.jpg
青い空と白い雲、そして水田。
まさに「夏」の景色です。

RIMG1905.jpg
途中の休憩では、水分補給が欠かせません。
刺激のあるヤツをグイッと、ひと飲み。

RIMG1910.jpg
走り慣れている人ばかりなので、ペースもアゲアゲモード。
予定時間より早く渡良瀬遊水池に到着でした。

RIMG1914.jpg
天気も良く、風もほとんど無し。
という事で、谷中湖を周回します。
実は、7月25日に開催される「バーニングマンレース」に参加する方がほとんど。
まさに、ちょうど良い練習という訳なのです。
しかし、あまりの暑さに1周で終了に・・・。(苦笑)

RIMG1941.jpg
渡良瀬遊水池を出た後、コンビニで小休止。
もちろん、冷たいモノの補給は欠かせません。
私は、ガリガリ君のスイカ味!。(笑)

RIMG1947.jpg
一人だと辛いパンクトラブルも、これだけ人数が多いと絶好のイベントだったり。(苦笑)

RIMG1954.jpg
そして待望のランチポイント!。
群馬県館林市にある「LOOP CAFE」さん。
オシャレなイタリアンレストランです。
大勢のサイクルジャージ姿との組合せが、ちょっと可笑しいかも!?。(笑)

RIMG1973.jpg
私は、クリームパスタとサラダのセットをチョイス。
これがまた美味しかったのですよ!。

RIMG2002.jpg
ランチの後、気温が上がりまくりの中を走って羽生まで戻ってきました。
空を見ると、入道雲がモクモクと出てきていました。
スマートフォンで天気概況を確認してみると、秩父方面では雷雨になっている模様。
もしかしたら、こちらまで雷雲が流れてくる可能性大という状況でした。

RIMG2004.jpg
怪しげな色をした雲を進行方向に見ながら、利根川沿いを走る事に。
(この後、なんとか降られずにすみました。どうやら晴れ男がいたようです(笑)。)

RIMG2008.jpg
そして、熊谷市の妻沼にある「聖天様」に到着。
御住職の御好意で、この場所へバイクを停めさせて頂けました。
これだけの数が停まっている光景は、聖天様はじまって以来かもしれません。(笑)

RIMG2027.jpg
ココでのお目当ては「雪くま」。
人数が多いので、幾つかの店に分かれて食べる事になりました。
私は、お馴染みの「丸岡堂」さんへ。
(この時の話は、また別エントリーにて・・・。)

聖天様の後も「食べポイント」の設定があったのですが、時間の関係もあってココで解散となりました。

久しぶりに100km超のライドでしたが、大勢の方と楽しいライドを満喫する事ができました。
皆さん走り慣れている事もあって、手信号や声かけもバッチリで、安全に走れたと思います。

もちろん、コース設定や当日のサポート等をしていただいた「CONBRIO」の皆さんのおかげである事は言うまでもありません。
本当にありがとうございました。

そうそう、この日は梅雨明け宣言が出たのでした。
梅雨明け当日の暑さの中、猛暑で有名な「熊谷」と「館林」を走るなんて・・・最高じゃありませんか!。(笑)

また機会がありましたら、ぜひとも参加してみたいと思います。

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.