ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

熊谷うちわ祭 --- その3 --- 

・・・その2からの続きです。

******************************************************
【過去記事】
熊谷うちわ祭 --- その2 ---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-543.html
******************************************************

「熊谷うちわ祭」の最終日、家族を連れて夜8時頃にお祭り広場へ。

IMGP9713.jpg

すでに人でイッパイ!。
それもそのハズ、ココで「曳っ合せ叩き合い」&「年番送り」が行われるのです。

IMGP9688_20150730162343139.jpg
時間になり、いよいよ今年最後の行事がスタート。

IMGP9693.jpg
お祭り広場の真ん中のステージに向かって歩いて行きます。

IMGP9707.jpg
年番町と迎え年番町がステージに上がってスタンパイ。

IMGP9738.jpg
お祭り広場の北側から、第壱本町区、第弐本町区、仲町、筑波の山車が進んできました。

IMGP9751.jpg
この時、南、東、西と、他の各方向からも、夫々に山車や屋台が進んできます。

IMGP9767.jpg
すぐ目の前を筑波の山車が通り過ぎて行きます。
後ろの人混みにグイグイ押されて、結構ヒヤヒヤでした。(汗)


既に待機している「筑波」と「仲町」の間に、「第壱本町」と「第弐本町」が入って行くシーン。
ちなみに、「第壱本町」は今年の年番、「第弐本町」は来年の年番(迎え年番)となります。

IMGP9781.jpg
4つの山車が、綺麗に揃いました。

IMGP9807.jpg
信号機も、こうして畳まれて収納状態になります。
さすが熊谷、うちわ祭の為に、こうした仕掛けが施されているのですよ。(笑)

IMGP9839.jpg
そして、年番送り。
人混みが凄くて、中まで入って行けなかったんですよね。
仕方が無いので、遠目から眺めるという事で。



年番送りの後、その場にいる全ての人達で「熊谷締め」。
この不思議な一体感がイイですよね。
その後、全台揃っての叩き合いに移ってゆくのでした。

こうして、今年も盛大に「うちわ祭」が、お開きとなりました。
祭りの三日間、雨も降らずに、とても暑い日が続き、それに負けない程の「熱い」祭だったと思います。

来年もまた、暑い&熱い祭りになる事でしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.