PB214484.jpg

水族館の裏側を見学してみよう!。

さいたま水族館で見学していた時、アナウンスがありました。

「水族館探検ツアーを行います。」

おおっ!、これは行くしかありますまい!。

PB214414.jpg
という事で、受付で申し込みして「水族館探検ツアー」に参加してみました。
(先着20名という事なので、参加できない事もあるようです。)

PB214416.jpg
レクチャールームで、案内して下さる飼育員さんから御挨拶&注意点の説明。
そして、いつもは入れない扉を通って水族館探検ツアーに出発!。

PB214418.jpg
まずは、裏側にある沢山の水槽群。

PB214423.jpg
展示前の待機中の魚達などがイッパイ!。
色々な種類の魚がいますね。

PB214425.jpg
国指定天然記念物になっている「ムジナモ」も大切に育てられています。
寒い時季は、こんな感じで水の底にいるのだそうです。

PB214437.jpg
そして、ワニガメ。
軽々持っているようですが、体重10kgもあるとか。
このサイズで子供なんですって。

PB214448.jpg
この口でかまれたら、タダでは済みませんね。(汗)

PB214458.jpg
足を消毒して、建物の中へ。
ここは水の管理を行っている機械室。
水温調整、濾過、ばっ気、まさに水族館の心臓部です。

PB214466.jpg
大きな冷蔵庫の中には、魚達の様々なエサが。
こんなに多くのエサを管理するのは大変ですよね。

PB214477.jpg
2階へ上がって、次のエリアは・・・

PB214482.jpg
沢山の水槽がズラリと並んでいました。
ココにも待機中の魚がイッパイです。

PB214504.jpg
その水槽の間を歩いて行きます。

PB214502.jpg
展示水槽を上から見下ろしポジションで!。
これは、入ってすぐの岩魚の水槽ですね。
水槽の向こうに、お客さんがいるのが分かりますか?。

PB214522.jpg
水槽を掃除する時に履く長靴。
掃除する時は、水を半分位抜いて内側を綺麗にするのだそうです。
その時、魚達は足元を泳いでいるのだとか。

PB214516.jpg
水槽の掃除の時に拾った大型魚の「歯」。
魚も歯が生え変わるのですって。
水槽の底に、結構落ちているそうですよ。

PB214529.jpg
展示水槽への餌やり体験!。
これはバス用のエサで、乾燥した小エビ。
美味しそうな匂いで、食べたくなっちゃったですわ。(苦笑)

PB214531.jpg
中に放り込むと、アッという間に食い付いてきました。

PB214552.jpg
ココで与えるエサの準備をするのだそうです。
これまた様々な種類があって、分量も色々なんですね。

PB214563.jpg
ドクターフィッシュの水槽がありました。

PB214571.jpg
「体験」という事で、私も水槽の中へ手を入れてみたりして。
凄く、くすぐったいです。(笑)

PB214573.jpg
他にも沢山のお話を聞いて、普段は「関係者以外立入り禁止」の階段から一般の展示エリアへ。

PB214581.jpg
めったに見られない水族館の裏側は、興味深くて楽しかったですね。

さいたま水族館では、この探検ツアーが定期的に行われているようです。
是非、御覧になってみてはいかがでしょうか。
楽しいですよ!。

******************************************************
さいたま水族館 Webサイト
http://www.parks.or.jp/suizokukan/index.htm
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Secret

TrackBackURL
→http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/tb.php/666-b568119c