ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

謎の「コノドント」の正体を見た!! --- 群馬県みどり市 コノドント館 --- 

P1166572.jpg

その時、我々は「コノドント」の正体を見たのである!!。
(↑水曜スペシャル「川口浩探検隊」風に(苦笑)。)

群馬県みどり市での探訪は続きます。

P1166520_n.jpg
「コノドント館」(みどり市大間々博物館)
今まで何度も前を通った事があるのですが、一度も入った事がなかった博物館です。
長年の夢が叶い、とうとう訪問する事ができました。

P1166530_n.jpg
この建物は、大正時代に建てられた銀行の本店営業所だったそうです。
現存する銀行建築としては、群馬県で三番目に古いものだとか。
使われなくなった建物を、旧大間々町が購入し、博物館として活用しているのです。

P1166524.jpg
それにしても、「コノドント」ってナニ!?

P1166555.jpg
コノドント館は、みどり市の自然、歴史、民族等についての資料が展示されています。
まずは、大間々がどんな地形なのかを学びましょう。
これが、謎の手がかりになるかも・・・。

P1166551.jpg
いきなり剥製を使った実物大ディオラマが!。
もしやこれも、コノドントに迫る鍵となるか?。

P1166531.jpg
その横には、恐竜の化石(レプリカ?)が。

P1166543.jpg
アパトサウルスの脚の化石は、さすがにデカイ!。

P1166537.jpg
他にも、パキケファロサウルスとか、

P1166559.jpg
アロサウルスとか、

P1166539_mono_s_n.jpg
ヴェロキラプトルとか。
恐竜関係の展示が多いのですよ。

確かに、群馬では恐竜の化石が発掘されていますよね。
(神流町に恐竜センターがあります。)
コノドントは、恐竜に関係があるのだろうか!?。

P1166567.jpg
「コノドントの正体」。
コノドントとは、0.5mmほどの大きさの微小化石。
古生代から中生代にかけての地層から見つかっているそうです。

P1166581.jpg
で、何の化石かというと「原始的脊椎動物の歯」だそうです。
「原始的脊椎動物」というのは、現代の「ヌタウナギ」みたいな感じなんだとか。

P1166575.jpg
コノドントは、現在において地層の年代を決定する「示準化石」とされていて、とても貴重なモノだそうです。

P1166566.jpg
コノドント自体が日本国内で最初に発見されたのが、群馬県みどり市(旧大間々町)だったのですね。

P1166589.jpg
「コノドント館」の前を通る度に「コノドントってナンだろう?」と思っていた疑問が、やっと解けました。(笑)

やはり、こうして自分の目で見て確かめる事は大切ですね。
そして、新たな知的好奇心がムクムクと湧いてきたのでした。(笑)

コノドント館には、この他にも沢山の展示がありました。
という事で、コノドント館のネタは、さらに続きます・・・。

*******************************************************************
コノドント館(みどり市大間々博物館)
住所:群馬県みどり市大間々町大間々1030
開館時間:9:00~17:00
休館日:月 祝日の場合は翌日 年末年始
入館料:一般200円、小・中学生50円
*******************************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.