ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

ああ、懐かしの妻沼線 --- 熊谷市立妻沼展示館 --- 

P1277604.jpg

カメ号、会いにきたよ。

東武鉄道熊谷線。
通称、妻沼線。
その昔、妻沼と熊谷を結んで走っていた列車。
田んぼの中を、のんびり走っている姿を、今でも覚えています。
昭和58年に廃線となり、駅舎もレールも無くなってしまいました。

その妻沼線が走っていた頃を伺い知る資料が見られる所があります。
聖天様の散策の後、久しぶりに行ってみる事にしました。

P1277628.jpg
熊谷市立妻沼展示館」。
歴史資料や文化財資料の展示、サークルや個人の作品を展示する施設です。

P1287877.jpg
妻沼線に関する資料は、入り口を入って右のスペースで展示中。

P1287879.jpg
懐かしいモノが展示されています。

P1287881.jpg
廃線になったのは、昭和58年。
もう30年以上も前になるのですね。

P1287876.jpg
さすがに蒸気機関車が走っている所は見た事ありません。
しかし、気動車は子供の頃に何度も乗った事があります。

P1287887.jpg
当時の懐かしい風景を写した写真。
右下の光景が、私の記憶にピッタリ合致するような感じ。
田んぼの中を走っていたんですよねぇ。

P1277584.jpg
屋外に行くと・・・

P1277626.jpg
当時の車両が保存されています。
屋根付きの半露天なので、一目で全体を見る事はできません。

P1277586.jpg
前方から。
この「顔」が可愛いんですよね。

P1277594.jpg
東急車輛製。
キハ2000形は、妻沼線の3両しか製造されませんでした。
あまりの鈍足ぶりに、皆から「カメ号」と呼ばれていたのです。

P1277610.jpg
足回り。

P1277596.jpg
当時としても旧型の台車だったようです。

P1277606.jpg
所々、痛みが出ていますね。
経年劣化は、いかんともしがたい・・・。

P1277620.jpg
車両の扉は、通常は施錠されています。
しかし、見学の旨を申し出れば開けてもらえます。
(これは、窓の外から撮影しました。)

P1277609.jpg
こうしてカメ号の前に立つと、懐かしい思い出が蘇ってきますね。

妻沼線に乗った事がある方はもちろん、初めて見る方にも興味深く見られる展示だと思います。
聖天様の参拝の後に、カメ号に会いに行ってみませんか?。

*******************************************************************
熊谷市立妻沼展示館
住所:熊谷市妻沼東一丁目1番地
開館時間:9時から17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日・祝日・年末年始
※)見学無料
*******************************************************************


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.