ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

第二次世界大戦 傑作機コレクション 

P2103743.jpg
書店に並んでいたので、ついつい購入。

デアゴスティーニ」といえば、色々なタイトルを隔週で刊行する事で有名ですね。
マニアック系なモノが多くて、ハマると、ついつい手を出してしまう。
で、最後まで買いたくなってしまうという・・・そんな危険な魅力があるのです。(苦笑)

P2103741.jpg
今回、「第二次世界大戦 傑作機コレクション」が創刊されました。
創刊号という事で、価格は特別価格の999円(税込み)。
2号以降は1850円+税(税込みだと1998円)なので、創刊号は半額なのです。
ココも、ついつい手を出してしまうポイントだったりします。(笑)

P2103759.jpg
いわゆる「大戦機」の解説書に、1/72スケールのダイキャストモデルが付いてくるというモノ。
「本」というよりは、モデルの方が主役の代物ですね。(苦笑)

創刊号は「紫電改」。
旧日本海軍の局地戦闘機です。
いきなりコレを出してくるとは、さすがマニアの事が分かってやがる。>デアゴスティーニ(笑)

P2103765.jpg
ブリスターパックを取り出すと、こんな感じ。
本体、その下にはディスプレイ用スタンド。
他に、細かい別パーツがパックされています。

パーツの差し替えで、駐機状態と飛行状態を再現できるのもポイント高し。

P2103863_n.jpg
とりあえず、プロペラだけ付けてディスプレイ用スタンドに載せてみました。
ダイキャスト製なので、1/72スケールでもズシリと重いです。
スタンドが、ちょっと弱いかな?という印象もありますね。

スタイルは、なかなか雰囲気を捉えていると思います。
気になる所は・・・

スジ彫りが、太め?。
風防が大きめ?。
風防と本体の間に隙間がある。
パーツのバリが残っている所がある。

・・・この位かな?。(笑)

P2103785_2s_n.jpg
プロペラを回して、それらしく撮ってみました。
私の場合、大戦機が飛んでいる所のイメージって、こんな感じなんですよね。
ありがちだけど。(笑)

P2104021_01_n.jpg
紫電改というと、やはり、ちばてつや先生の「紫電改のタカ」ですよね。
一躍、紫電改の名を広く知らしめた作品です。

その劇中のイメージで、もう一枚。
イイ感じでプロペラのブレ具合を出すのが難しいのですよ。
これが決まると、レシプロ機は良い表情になるんですよね。

そうそう、最近では「紫電改のマキ」も出てますね。
女子高生が大戦機に乗って色々と頑張るお話・・・って、ガルパンの飛行機版っぽいですが、なかなか面白いので、機会があれば御一読を。(笑)

さて、「第二次世界大戦 傑作機コレクション」ですが、次からはどうしようかと。(笑)

・2号「零戦52型」
・3号「メッサーシュミットBf109G」
・4号「一式戦 隼」
・5号「雷電」

うわ、魅力的な機体ばかりだ・・・。

でも、高いしなぁ。
正直、隔週でこの値段だと厳しい。
ソレ以前に、置く所が無いという・・・。(汗)

でも、フォッケFw190の系統が出たら・・・買ってしまいそう。(笑)

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.