ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

埼玉にも偉大な養蚕施設があった --- 競進社模範蚕室 --- 

P1232473.jpg

埼玉にも、貴重な養蚕施設があったのです。

世界文化遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」。
一時の大賑わいが落ち着いてきたとはいえ、まだまだ見学に行く人は多いですね。
これをきっかけに「養蚕」について色々と知った方も多いかと思います。
私は子供の頃にカイコの仕事を手伝う事が多かったので、懐かしさと共に新たに学ぶ事も多いのです。

そんな養蚕に関わる施設が、埼玉の本庄市(旧児玉町)に残っていて見学する事ができます。

P1232398.jpg
競進社模範蚕室
立派な木造の建物です。
屋根の上に設けられた「越屋根」が養蚕の為の施設である事を物語っていますね。

P1232411.jpg
ちなみに、埼玉県指定文化財に指定されています。

P1232466.jpg
「富岡製糸場と絹産業遺産群」の中のひとつ「高山社」と深い関係のある施設。
ココを建設した木村九蔵は、高山社を創設した高山長五郎の弟なのです。

P1232420.jpg
間取り図を見ると、かなり広い事が分かります。

P1232406.jpg
受付で見学の旨を伝えて、中を見せて頂きました。

P1232412.jpg
蚕棚。
私にとっては懐かしい光景。(笑)

P1232415.jpg
左下の囲われているのは、部屋を温める為の火を焚く所。
木村九蔵は、炭火を使って蚕室の湿気を排除して病気を防ぐ「一派温暖育」という飼育法を考案しました。

P1232418.jpg
部屋の周りは、長い廊下がグルリと取り囲む「回廊」になっています。

P1232425.jpg
養蚕に関する資料や、カイコ仕事に使われた道具が展示されています。

P1232424.jpg
回転まぶし。
この枠の仕切りの中にカイコが入って繭を作ります。
カイコは高い所に登る習性があるので、上で繭を作ると、その重みでグルリと回って下へ。
そして開いている部分が上になって、またそこでカイコが繭を作るという。
まさに「知恵」ですね。

そういえば、たまに変な位置で繭をつくるカイコもいたなぁ。(笑)

P1232451.jpg
展示されている色々な道具の中に・・・

P1232443.jpg
繭かきの道具が。
回転まぶしの枠にカイコが繭を作り終えると、これで繭を押し出すのです。
枠の種類によって、押し出す棒も違うんですよね。
この仕事、嫌というほどやりました。(苦笑)

P1232430.jpg
カイコの諸々の標本。
普通だと、なかなかカイコ蛾は見られないんですよね。
そうそう、取りこぼした繭から、カイコ蛾が出てくる事があったなぁ。

P1232464.jpg
上を見ると、隙間から屋根の上まで見通せます。
この換気構造が重要なんですよね。

P1232477.jpg
埼玉にも、こうした養蚕の歴史を知る事ができる施設が残されています。
実際に見る事で学べる事も多いですので、興味のある方は是非に!。

子供達が、夏の自由研究で訪れる事も多いそうですよ。
確かに、自由研究の題材にはイイかもしれませんね。

******************************************************
競進社模範蚕室
住所:本庄市児玉町児玉2514
開館時間:午前9時~午後4時30分
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
入館料:無料
******************************************************

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Comment

Name - カツヤナギ(ほび)  

Title - Re: 【謝礼あります】ブログ利用に関するアンケートのご協力のお願いです

御連絡ありがとうございます。
検討してみます。
2016.02.17 Wed 21:26
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.