ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

半径100メートルのひなまつり(その2)---深谷、中山道「深谷交差点の近辺」--- 

P2279634.jpg

前回からの続きです・・・

******************************************************
【過去記事】
半径100メートルのひなまつり(その1)---深谷、中山道「深谷交差点の近辺」---
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-759.html
******************************************************

P2279618.jpg
続いてお邪魔させて頂いたのは「藤橋藤三郎商店」さん。
中山道沿いにある老舗の酒屋さんです。
「東白菊」が美味しいんですよ。

P2279616.jpg
店先には、こんなに可愛いお雛様が。
結構古い物だとか。

お声掛けしたら、奥の家屋に案内して頂いて、素晴らしい雛人形を見せて頂きました。
また、女将さんからお雛様にまつわるお話を聞かせて頂きました。。

P2279587.jpg
手前の五人囃子が、おそらく江戸時代末期の物ではないか、という事でした。
あまりにも古くからあるので、所以がはっきりしないそうです。

P2279589.jpg
その前には、古いお道具。
これも、お雛様と一緒に仕舞われていたそうです。

P2279611.jpg
これは昭和初期頃の物だそうです。
着物の細工が凄くて、お内裏様は袖が刺繍になっているとか。
和裁職人の端くれであるウチの嫁が、目を見張っておりました。

後ろの鶴が描かれた屏風は、なんと銀屏風。
もちろん、本物の銀箔が使われているそうです。
この渋い美しさ、何とも言えぬ趣きがありますね。

P2279603.jpg
その前には、小さな人形や昔の玩具の数々。

P2279593.jpg
これは「貝合わせ」ですね。
普通は、博物館に収蔵されているのを見るのですが、こんなに間近で見せて頂けました。

P2279591.jpg
小さな「木目込人形」。
木で作られた人形の本体に筋彫りを入れ、目打ちで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形です。
ウチの嫁が言うには、これほど小さな物はめったに見られないとの事。
しかも、凄い作り込みだそうで。
素人の私が見ても、その凄さが良く分かります。

P2279608.jpg
近代(とはいえ数十年も前)の雛人形。
女将さんの娘さんのお雛様だったそうです。
今の時代、これほどの雛人形を飾る家は、なかなかありませんね。

P2279632.jpg
最後は、「浜岡屋」さんへ。
皆さんお馴染みの、和菓子の老舗店です。

P2279642.jpg
浜岡屋さんも、店先に可愛い雛人形が飾ってありました。

P2279652.jpg
店内には、美味しそうな和菓子がイッパイ!。

P2279647.jpg
チョコレート大福。
「チョコ好きにはたまりません・・・」
なんて書いてあれば、これはもう食べてみたくなるのです。(笑)

そして、他にも美味しそうなのをチョイスしてお土産に買ってきました。

P2279664.jpg

P2279658.jpg

P2279663.jpg

P2279671.jpg

美味しい和菓子を食べながら、「あらためて、深谷の街中を散策するのも良いなぁ」と思ったのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.