P3206330.jpg

30年前の作品は、とても綺麗な状態でした。

去る3月5日。
埼玉県の深谷市立幡羅小学校で、30年前に校庭に埋められた「タイムカプセル」が掘り出されて開封されました。

当日は、パワーショベルを使ったりと、なかなか大変だったようです。
その日に、開封式の記念式典が開催され、中に封じ込められていた30年前の思い出の作品が披露されたとの事。
この式典に参加された、当時在校生だった皆さんは、30年前の自分の作品を手にしたそうです。

しかし、多くの作品が引き取られない状態だったようです。

P3206349.jpg
先日、それらの作品の数々が「幡羅公民館」に展示されているとの事で、見学させてもらいました。

P3206347.jpg
この展示の機会で、少しで作品を引き取ってもらえれば、との事です。

タイムカプセルの中に入れられていたのは、

P3206323.jpg
絵画や版画。

P3206329.jpg
大きなサイズの力作もありました。

P3206325.jpg
今では無くなってしまった光景が描かれた絵もありました。(驚!)
(知る人ぞ知る、「長崎ちゃんめん」ですぞ!。)

P3206344.jpg
高学年の木版画。
彫った本人はもちろん、モデルになった友達も、素敵な思い出ですよね。

P3206345.jpg
低学年の紙版画。
モデルは飼い猫でしょうか。
実に味のある作品です。

P3206341.jpg
自画像。
これを見たら、当時の様々な思い出が溢れてきちゃうでしょうね。

P3206331.jpg
作文の数々。

P3206335.jpg
タイムカプセルを埋めたのは、開校百周年の記念イベントだったのですね。
その時の事を、皆で作文に書いてタイムカプセルに入れたのでしょう。

P3206336.jpg
一年生の作文ノートも沢山ありました。

P3206332.jpg
書道作品も沢山。
市や県の書道展に出品して賞を受賞した作品もありました。
本人がこれを手にしたら、嬉しいでしょうね。

どの作品も、ほとんど痛みが無い事に驚きました。
絵の具の色の鮮やかさも失われていませんし、書道の半紙は黄ばみのひとつもありません。
それだけ「タイムカプセル」の密封精度と耐腐食性が優れていたのでしょう。
聞けば、「タイムカプセル」を製作したのは、造船関連のメーカーだったそうです。
思わず納得ですね。(凄!)

この展示は、3月20日と21日に行われました。
今後は3月27日と4月3日(時間:午前10:00~午後5:00)に行われる予定との事です。

昭和60年度に幡羅小に在籍していた方(昭和48年4月2日生~昭和54年4月1日生)で、タイムカプセルに作品を入れた思い出のある方は、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。
30年前の、あの頃に出会えるかもしれません・・・。

※)引き取り手のない作品は、残念ながら後日処分されてしまうそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Secret

TrackBackURL
→http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/tb.php/782-c78267b6