ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

聖天様、フォトさんぽ 

P1100318.jpg

小さなカメラを片手に、のんびりフォト散歩。

4月18日と19日、熊谷市の妻沼にある「妻沼聖天山」(通称、聖天様)は、春の大祭が行われました。
色々と行事があるのですが、2日目の火渡りは凄いのですよね。

****************************************************
【過去記事】
妻沼聖天山 秋季大祭
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-629.html
****************************************************

見に行きたかったのですが、なかなか予定が合わずに行けずじまい。
秋の大祭は、ぜひとも行きたいな、と思っています。

そんな春の聖天様を、先週ブラブラと撮り歩いてきました。

P4124795_n.jpg
最近、手のひらサイズの小さなミラーレス一眼デジタルカメラを手に入れたのです。
コレの諸々のテストというのが、主な目的だったのですけれど。

P1100242.jpg
貴惣門
聖天様の参道の1番目の門です。
全国的にも珍しい様式なんですよね。
左側の像は、現在修理のために「お留守」になっています。

P1100335.jpg
貴惣門をくぐって、振り返ってみましょう。
もうこんなに鮮やかな新緑が。
この位置から右を向くと、和菓子の丸岡堂さんがあります。

P1100338.jpg
斎藤実盛銅像
貴惣門の先には、この実盛公の像があります。
像の左側にスイッチがあって、これをオンにすると音楽が流れます。(笑)

P1100343.jpg
実盛公の像の近くには、八重桜が。
この日、満開でした。

P1100330.jpg
護摩堂
車両(自動車)の交通安全の祈願を行います。

P1100251.jpg
中門
聖天山最古の建造物と言われています。
ココも、色々と云われがあるのですよね。

P1100253.jpg
中門の右側には、割烹と鰻の千代枡さん。

P1100328.jpg
そして左側には、聖天寿司さん。

P1100255.jpg
仁王門
門の左右に、「阿」と「吽」の仁王様の像があります。

P1100258.jpg
仁王門の横には御水屋。
ココには、鉢植えの季節の花が飾られているのですよね。

P1100264.jpg
仁王門をくぐると、目の前に石舞台。
イベント時や、結婚式、七五三などの記念撮影などで使われます。
尚、普段は上がる事ができません。

P1100266.jpg
石舞台の左側に、大師堂。
弘法大師様が祀られています。
関東88カ所霊場第88番結願所・幡羅88カ所第13番の札所でもあります。

P1100321.jpg
大師堂の隣(仁王門のすぐ脇)には、水行堂。
ちょっと隠れた感じになっているので、意外と知らない人が多いみたい。

P1100265.jpg
土俵
大祭の時に、チビッコ相撲が開催されます。
なかなかの迫力なんですよね。

P1100267.jpg
本殿
平成15年〜平成22年にかけて大規模な保存修理が行われ、現在の姿に。
平成24年、国宝に指定されました。
蘇った色鮮やかな彫刻は一見の価値アリ。
見学は有料ですが、ボランティアの方がジックリと解説して下さいます。
※)拝観料:700円(同伴者のいる中学生以下は無料)午前10時~午後4時

P1100269.jpg
本殿拝観受付の前辺りにいる狛犬。
良い面構えしてるんですよね。

P1100270.jpg
狛犬の先に、もうひとつ御水屋があって、それを右に行くとココへ。
この先で境内の外へでる事ができます。
出た所が「森川寿司」さん、その相向かいが「大福茶屋さわた」さんです。

P1100274.jpg
左に行くと、大師堂の裏を通って、参道へ出ます。
この時、まだいくらか桜(ソメイヨシノ)が残っていました。
右側には、騎崎屋さん。
今年も、5月から「雪くま」が始まるでしょうか?。

P1100281.jpg
そのまま直進して、お祭り広場方面へ。
池の真ん中に「象の親子」の像が。
コレって噴水なんです。
鼻の先から、ピューって水が出るんですよね。
でも、もう何年も出ている所を見てないなぁ。

P1100284.jpg
お祭り広場の横には、平和の塔。
ココも、季節ごとに美しい光景が見られます。

P1100288.jpg
平和の塔は、昭和33年に建立されました。

P1100303.jpg
もうツツジが咲き始めていましたね。

P1100307.jpg
小さな滝の側には、軍荼利明王が祀られています。

P1100313.jpg
池にかかる小さな橋を渡ると、夫婦の木。
ここ数年、縁結びの御利益が有名になって、人気スポットになっていますね。

P1100314.jpg
その隣りに、鐘楼。
大晦日の除夜の鐘の時には、長い列ができます。

P1100320.jpg
渡り廊下の下をくぐれば、本殿の前に出ます。
そして来た道を戻れば、また仁王門へ。

こんな感じで、ノンビリと散歩が楽しめる聖天様なのです。

P1100336.jpg

そうそう、今週末(4月23日(土)〜24日(日))には、「手づくり市」が開催されます。
聖天様の周辺に、多くの手作り作家さん達が集まる大イベント。
春と秋の年2回の開催なのですが、昨年の秋は開催されなかったので、1年ぶりという事になりますね。
そんな訳で、楽しみにしている人も多いようです。
ぜひ、おでかけになってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ウチの嫁も久々に出店します。
お時間ありましたら、覗いてやって頂ければと。(笑)


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © ほびつぶ All Rights Reserved.