ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

ホフマン輪窯6号窯、特別公開

P1110778.jpg

「ホフマン輪窯6号窯」が特別公開されました。

P1110719.jpg
4月29日〜5月1日の3日間、深谷市の「ホフマン輪窯6号窯」が特別公開されました。
「ふかや花フェスタ」の開催にあわせての公開だったようです。

P1110723.jpg
今回の特別公開ですが、あまり告知されていなかったようですね。
深谷市の公式サイト(ホームページ)に掲載されている程度だったようです。
私も、間際になって知ったのでした。(汗)

P1110789.jpg
という事で、最終日に行ってきました。
近場なので、自転車でノンビリと。(笑)

入り口で受付して中へ。
この時、受付の人と色々とお話させて頂きました。

今回の(も)特別公開のお知らせが広くできていないようだとの事。
もっと上手くPRできれば、沢山の人に見に来てもらえるのにねぇ、と。

行政のPRの下手さ(?)は、どの市町村でも耳にする事が多いのですが・・・。
深谷市も同様に、PRは上手ではない感じがします。(汗)

P1110725.jpg
建家の中に入って、まずはヘルメットを装着。

P1110724.jpg
輪窯は、建家に守られるようになっています。
このレンガの壁が、輪窯なのです。

P1110727.jpg
当時の作業の様子が、パネルで紹介されています。

P1110728.jpg
かなりの重労働だった事が伺えますね。

P1110780.jpg
この入り口から、輪窯の中へ。
中には、ガイドさんがいて、色々と説明してくれます。

P1110759.jpg
レンガでできた大きなトンネルが、奥まで続いています。
これが競技場のトラックのように、ひと回りしているんですよね。

P1110768.jpg
物凄いレンガの数。
このレンガは、この6号窯より先に建造された1号窯や2号窯で造られた物ではないか、との事です。

これだけの輪窯が現存しているのは、全国でも数カ所。
国重要文化財に指定されているのも納得です。
これを、こうして間近で見られるのは貴重な機会なんですよね。

P1110793.jpg
隣りにある「煉瓦資料館」も、併せて見学するのは、お約束。(笑)

P1110797.jpg
ちなみに「煉瓦資料館」は平時(週末)にも公開されています。
中には貴重な資料が沢山あります。
ガイドさんがいるので、色々と話を聞くのがオススメです。

P1110841.jpg
建物の裏側に回ってみると、レンガ造りの土台が見学できますよ。

P1110825.jpg
外には、レンガ造りの小さな建物があります。
これは「旧変電室」。
これも国指定重要文化財になっていますので、一見の価値アリです。
(注意)中には入れません。

P1110849.jpg
少し離れた所に、国指定重要文化財の「備前渠鉄橋」もあります。
土台がレンガで造られた橋で、ホフマン輪窯で焼かれたレンガを深谷駅まで運んだ線路が通っていた所です。
少し散歩がてら見に行ってみるのも一興かと。

ホフマン輪窯は、年に数回しか公開されません。
決定している次の公開は、11月の「青淵まつり」の時のようです。
それ以前にも公開される可能性がありますので、その情報をキャッチした時は、事前にお知らせできればと思っています。

******************************************************
【関連の過去記事】
深谷の「あかね通り」をポタリング
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-645.html

明日は、ホフマン輪窯の特別公開
http://saihokuhobito.blog137.fc2.com/blog-entry-646.html
******************************************************


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

 ●散策 & グルメ

0 Comments

Leave a comment