ほびつぶ

埼玉県北部(主に深谷&熊谷周辺)を中心に、地元ネタやB級グルメを拾い集めるブログです。

久しぶりに、草加松原を散策 --- 埼玉県草加市 草加松原 ---

P1160447.jpg

かつての街道筋に思いを馳せて。

この盆休み、ウチの子が1週間ほど嫁の実家へ行っておりました。
最後の何日かは嫁も里帰りして、数日間「独男」だった私。(苦笑)
しばし、そんな生活を満喫した後、子供と嫁を嫁実家へ迎えに行く事に。

盆休みの渋滞を懸念して、少し早く出発したのですが、ほとんど渋滞が無い状態。
このままだと、約束の時間には早過ぎる・・・。

P1160418.jpg
という事で、途中にある「草加松原」へ寄り道したのでした。

P1160308.jpg
草加松原は、旧日光街道の綾瀬川沿いにある、約1.5キロメートルの松並木です。
江戸時代には「千本松原」と呼ばれていたそうで、日光街道の名所となっていたとか。

P1160302.jpg
1987年に「日本の道100選」、2014年に「おくのほそ道の風景地 草加松原」として国指定名勝に指定されています。

P1160392.jpg
草加市も、観光ポイントのひとつとして色々と注力しているようですね。
ちなみに、この記念碑は埼玉県の形をしています。
右下の四角プレートの位置が草加市ですね。

P1160326.jpg
現在、大きな松の木が、520本ほど植えられています。
かつて自動車の排気ガスなどが原因で、枯死する松が多発して大変だったそうです。

P1160325.jpg
念入りな手入れと植樹で、現在の姿に戻ったのだとか。
これだけの松並木を保護していくのは、大変な苦労ですよね。

P1160305.jpg
草加松原は、遊歩道として整備されています。
途中で大きな車道と交差する箇所がありますが、そこは、道が途切れないように、こうした橋が掛けられています。

これは、百代橋。
かなり大きな橋です。

P1160394.jpg
こちらは、矢立橋。
松並木の景観に合うように太鼓橋のようなデザインですね。

P1160395.jpg
橋の上からは、なかなかの眺望です。

P1160351.jpg
草加松原といえば、松尾芭蕉「奥の細道」。
松尾芭蕉の長い旅の冒頭が、この辺りになるのです。
こうして、芭蕉の旅する姿のブロンズ像を見ると、雰囲気が伝わってきますね。

P1160368.jpg
少し離れた所には、芭蕉と共に旅をした「河合曽良」のブロンズ像があります。
各地に芭蕉にちなんだ像は数あれど、2人の像が建設されているのは全国でも珍しいのだとか。

P1160346.jpg
芭蕉の像の近くには、望楼が。
かつての舟運の「札場河岸」を望む為の物でした。
これは、再現建設された物ですが、中に入って上まで登る事ができます。

P1160357.jpg
草加といえば、何と言っても「草加せんべい」。
埼玉の名物は?と聞かれて、コレを答える人は多いですね。

これは「草加せんべい発祥の地」の碑。
草加には、他にも煎餅に関する碑や施設が多数あります。

P1160354.jpg
草加松原の近くにも、お煎餅屋さんがありますね。

P1160385.jpg
こんなリアル系の看板を出しているお店もあります。(笑)

P1160376.jpg
かつての街道筋の面影を残す建物も残っていたりして、興味は尽きません。

P1160445.jpg
草加松原、久しぶりに歩いてみましたが、何度来ても良い所ですね。
日光街道の雰囲気は、深谷や熊谷辺りの中山道とは、やはり違う感じがします。
この辺りも、ジックリと時間をかけて探訪してみたいポイントですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

 ●散策 & グルメ

0 Comments

Leave a comment